search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 坂上忍、山田孝之の沖縄旅行に「いろんな考えがあっていい」と擁護? 東国原も「山田さんの哲学がある」

坂上忍、山田孝之の沖縄旅行に「いろんな考えがあっていい」と擁護? 東国原も「山田さんの哲学がある」

pic pic

山田孝之

 22日放送の『バイキング』(フジテレビ系)で、俳優の山田孝之や新田真剣佑らの沖縄旅行について取り上げたものの、MCの坂上忍らの発言が物議を醸している。
 山田らの沖縄旅行は、20日にニュースサイト「文春オンライン」(文藝春秋)で報じられたもの。緊急事態宣言下の今月5月に、家族や知人らと不要不急のバカンスを楽しんでいたといい、新田や同行していたモデルのNikiはSNSを通じて謝罪したものの、山田は無言を貫いている。

 この日の番組では、その沖縄旅行について取り上げていたが、坂上は山田について、4月上旬に銀座で飲み歩いていたことを指摘しつつ、「大きなCMを抱えているからこそ早期対応が普通だと思う」としたものの、「個人的にですけど、彼は確信犯のような気がする。あんな大きなCMを抱えているのに、『全裸監督』(Netflix)とか出て、あれは結構衝撃的でしたもんね。あの時、格好いいなと思いましたもん」と山田に確固たる信念があり、旅行に出掛けたのではと分析した。

 また、出演していた東国原英夫も、「ちょっと型破りなのかな、と。山田さんには山田さんの哲学があるのかな。4月に銀座をブラブラしてお酒飲んでた時に、『僕は自粛しなくていいんだよ。自粛っていう論者じゃないです』ってきちんと言えば良かった」と発言。坂上もこれに共感し、「だから、そこまでの意思をもしも持ってるんだったら、(自粛しないって)言っちゃってもいいんじゃないかな。いろんな考えがあっていいわけですから」と山田を擁護した。さらに、東国原は「だから、『僕は自分で感染対策をしているので、絶対移しませんから、僕は外に出ますよ』と。そういう哲学でやるのかどうか。そういうことも違法ではありませんから」と言い、それによって賛否両論や論争が出ても仕方がないとした。

 しかし、公開された写真の中で、山田はサングラスこそしていたものの、マスクはせず。とても新型コロナウイルス対策をしていたとも思えず、二人の発言に視聴者からは「内輪擁護じゃん」「もしも自分が感染してて人に移したとしたら、いろんな考えあっていいってレベルじゃなくなる」「自分の哲学持っていれば出歩いていいなら、日本は今頃ものすごく感染が広がってるよ」といった批判の声が多く寄せられていた。

 果たして、山田が謝罪文を出すことはあるのだろうか――。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ