search
とじる
トップ > 芸能ニュース > カジサック、宮迫を巡る“裏の発言”で炎上 相方・西野が“笑いに変える”ナイスフォローで称賛!

カジサック、宮迫を巡る“裏の発言”で炎上 相方・西野が“笑いに変える”ナイスフォローで称賛!

pic pic

キングコング・梶原雄太(カジサック)

 キングコング・梶原雄太扮するカジサックが炎上騒動を起こした。この件について、相方の西野亮廣がウィットに富んだ方法で鎮静化を図り、称賛を浴びている。

 事の発端は、カジサックと宮迫の共演だ。先日、YouTubeで活動している雨上がり決死隊・宮迫博之とYouTuberのヒカルがCM出演するということで生配信を行った。その動画を観ていたカジサックが、YouTubeの生配信者に投げ銭ができるシステムを使って「祝儀」という形で投げ銭。その後、ヒカルがカジサックに電話し、宮迫と会話する模様が放送された。吉本興業を契約解除されている宮迫が梶原と共演するのは久々。視聴者から喜ぶ声もあった。

 ヒカルと宮迫の生配信終了後、カジサックは自身のチャンネルで、宮迫とコラボしない理由を説明。最初に絡むのは相方の蛍原徹であるとの想いを述べた。しかし、この発言についてヒカルがTwitterで苦言。裏で言っていることと表で言うことの違いなどを指摘し、ネットでも炎上となった。

 「この炎上について西野は、自身の個人チャンネルで『手紙』形式を用いて想いをぶつけました。トークではなく、手紙にしたことで“バラエティー”となり、視聴者に不快感を与えることなく、梶原の失態を笑いに変えたのです。ネットでは『この動画見て笑って終われた』『炎上を笑いに変える男!!!』『かなり手の込んだ「いじり」。エンタメ感ありますね!』と称賛されています」(芸能ライター)

 同じ炎上と言えば、ナインティナイン・岡村隆史がラジオで不適切な発言をした際、番組を卒業した矢部浩之がラジオに生出演。公開説教する形を取って、今回の騒動を収めようとした。この矢部と西野の対応についても比較されることが多く、「先日のナイナイの矢部さんとはまた違う、キンコン西野さんらしい手の差し伸べ方でしたね笑」「矢部といい西野といい、炎上した相方への対処法最高」「相方の尻拭いご苦労さま。火消しの方法っていろいろあるんですね。勉強になります」との反応が。様々な方法で相方の炎上を収めようとした結果、2人の好感度が上がる形となったようだ。

 西野の手紙動画アップ後、梶原はコンビのYouTubeチャンネルに一人で出演。こちらは、もともと決まっていた出演なのだが、生配信ということやカジサックではなく梶原として出演したこともあり、炎上について多くを語ることはなかった。しかし、カジサックとして何かしらアクションを起こす可能性は高い。今後の動向に注目したい。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ