search
とじる
トップ > スポーツ > ノア、3.27横浜ラジアント大会に全日本から諏訪魔ら乗り込み!

ノア、3.27横浜ラジアント大会に全日本から諏訪魔ら乗り込み!

pic pic

中嶋勝彦、諏訪魔

 プロレスリング・ノアは11日、27日に開催する『NOAH the SPIRIT 2020』神奈川・横浜ラジアントホール大会の全対戦カードを発表した。
 メインイベントでは、中嶋勝彦、谷口周平、岡田欣也が、全日本プロレスのEvolutionチームの諏訪魔、石川修司、岡田佑介と対抗戦を行う。欣也はこの一戦のために、杉浦軍を脱退。中嶋に対抗戦出場を直訴、これを承諾され、今回のノア選抜に抜擢されている。全日本には、ノアから杉浦貴が春の最強戦士決定戦『2020チャンピオンカーニバル』に参戦することが決定しており、諏訪魔らEvolutionのメンバーは、ノアマットでインパクトを残しておきたいところ。刺激的かつ迫力のある対抗戦になるのは必至である。

 セミファイナルでは、杉浦軍の桜庭和志、鈴木秀樹、関根シュレック秀樹、大原はじめ、NOSAWA論外が、拳王、マサ北宮、稲村愛輝、覇王、仁王の金剛チームと、5vs5のイリミネーションマッチを行う。“レジェンド”桜庭がラジアントホールで見られるのは贅沢なこと。『グローバルタッグリーグ2020』に向けて、ユニットの力も試される試合になるだろう。

 オープニングマッチでは、『グローバルタッグリーグ2020』に、3年連続で出場する齋藤彰俊と井上雅央がシングルマッチで対戦。第2試合では、GHCヘビー級王者の潮崎豪が、丸藤正道、モハメド・ヨネとトリオを結成し、GHCナショナル王者の杉浦、イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.、レネ・デュプリと対戦。“若きエース”清宮海斗は、第3試合で、ジュニア勢に囲まれた8人タッグマッチに出場する。

 見応えのある全5試合が、横浜の夜を熱くしてくれるはずだ。
(どら増田)

関連記事

タグから探す


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ