search
とじる
トップ > 芸能ニュース > ナイナイ岡村、日本アカデミー賞受賞なるか 授賞式の苦い思い出にリベンジしたい?

ナイナイ岡村、日本アカデミー賞受賞なるか 授賞式の苦い思い出にリベンジしたい?

pic pic

ナインティナイン・岡村隆史

 3月5日深夜放送の『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送系)において、6日夜に授賞式が行われる日本アカデミー賞への意欲が語られた。岡村は『決算! 忠臣蔵』で、助演男優賞にノミネートされている。このほかのノミネート俳優は、佐々木蔵之介、吉沢亮、柄本佑、綾野剛、伊勢谷友介と錚々たる面々である。この中から1名が最優秀賞に選ばれる。

 岡村はライバルである柄本が出演した『アルキメデスの大戦』を鑑賞したようで、「お上手でございました」と評し、それゆえに自身の立場について、「非常に厳しいですけれども」と語った。また、事前に情報が下りてきていないかと、チーフマネージャーに確認するなど、岡村はそわそわしているようだ。「すべては明日」と現在の心境を語った。

 さらに、岡村は先日、日本テレビの楽屋で白髪染めをしていたところ、蛇口からお湯が出ないため、メイクさんに「相方の楽屋からお湯パクってきて」と頼んだエピソードも披露された。こうした「引きの悪さ」はすでに消化しているため、授賞式では「引きの良さ」の出現に期待すると望み、「完全なるリベンジ果たせると思います。獲りまっせ」と受賞への意欲をのぞかせていた。

 岡村は日本アカデミー賞に関しては、苦い思い出もある。2010年公開の主演映画『てぃだかんかん〜海とサンゴと小さな奇跡〜』で話題賞を受賞し、スピーチにおいて「甚だ簡単ではございますが、嬉しい言葉とさせていただきます」と、どうでもいい内容しか言えなかったのだ。そのため、何としてもリベンジを果たしたい思いがあるようだ。

 これを受け、ネット上では「これは受賞しても外しても面白いパターンだな」「最近の岡村さんは俳優化してるから受賞して欲しい」といった声が聞かれる。確かに、岡村は現在放送中のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』において、神出鬼没の謎の農民である菊丸役を熱演している。俳優が板についているだけに、受賞に期待したいところだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ