search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 『ロンハー』M-1企画、遂にあの芸人登場 フジモンから「優勝記録から抹消されてる」

『ロンハー』M-1企画、遂にあの芸人登場 フジモンから「優勝記録から抹消されてる」

pic pic

とろサーモン・久保田かずのぶ

 3月3日に放送された『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)の「M-1終わって3カ月ファイナリストたちの状況報告」が話題だ。この日の放送では、優勝のミルクボーイのほか、かまいたち、すゑひろがりず、ぺこぱ、ニューヨークの5組が登場し、「M-1」前後での環境の変化が語られた。

 だが、それ以上にインパクトを与えたのが、MCアシスタントとして登場したとろサーモンの久保田かずのぶであろう。久保田は2017年の「M-1」チャンピオンである。ただ、それ以上に2018年大会時のネット動画での上沼恵美子への暴言騒動で話題となってしまった。久保田は「ついに来たな。耐えて耐えて来た」と今の心境を語り、笑いを誘っていた。FUJIWARAのフジモンこと藤本敏史からは、「『M-1』の優勝記録から抹消されてる」、有吉弘行からは「何やったんだっけ?」とツッコまれ、イジられていた。芸人間では温かく迎え入れられたと言えるが、ネット上では「この並びで久保田は見たくない」「淳なりの愛情なんだろうけど、間違った人選かも」といった否定的な声が目立った。

 また番組では、優勝したミルクボーイの角刈りのツッコミである内海崇ではなく、ボケの駒場孝が注目された。淳から会って嬉しかった人を問われると、内海は「たけしさんに会えた」と話すと、駒場は日本一のボディビルダーである「横川尚隆さんに会えたのが嬉しかった」と話し、笑いを誘っていた。

 これには、ネット上で「きちっとコンビのバランスに配慮してるのがいいね」「本当に変なのは駒場の方かもな」といった声が聞かれた。さらに駒場は、後輩のすゑひろがりずに和装ネタの強化を進言しており、「順位勝っていたからいいですけど、負けてたらめちゃくちゃ腹立ってた」といった意外なエピソードも披露した。「ロンハー」らしい、丁寧な番組作りが見られたと言えるだろう。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ