search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 土屋太鳳、「日の出と同じ色」 五輪日本選手団のオフィシャルウェアに興味津々

土屋太鳳、「日の出と同じ色」 五輪日本選手団のオフィシャルウェアに興味津々

pic pic

土屋太鳳

 女優の土屋太鳳が21日、都内で開催された「東京2020 オリンピック・パラリンピック競技大会 日本代表選手団オフィシャルスポーツウェアPRイベント」に、女子レスリング元日本代表の吉田沙保里、車いすバスケットボール元日本代表の根木慎志、パラ陸上の山本篤選手、クレー射撃の中山由起枝選手と出席した。

 “JAPONISM”のコンセプトのもと、アシックスが作った公式ウェアを前に、土屋は「すごくサンライズレッドの鮮やかさが素敵。パワーをもらえる」と感激しきり。「日の出の赤と同じ色。わたし自身朝日が大好き。朝日のパワーはものすごい。日本代表選手団にふさわしいユニフォームだなって」と大絶賛する。
 「袖を通して見ると軽いです。そして本当に着心地がいいです。目に入る色とかすごく大事だと感じていて、わたし自身演技をしたり、プライベートでも色を大事にします。着心地がいいのもいいな」と続けると、「プライベートでも着れるような感じがあります」と興味津々。

 自身は陸上に興味があるといい、「特に注目している競技は陸上。わたし自身、陸上をしていたので、陸上に興味を持っています。でも、すべての競技を見ていきたいです」とコメント。また、「パラリンクピックで重本沙絵さんという方が短距離で走るんです。わたしと同じ年。一人の女性としても尊敬できるので、拝見できるのを楽しみにしています」と注目する選手も具体的に挙げるなど、終始笑顔を絶やさず、オリンピック談義に花を咲かせ、会場を沸かせていた。
(取材・文:名鹿祥史)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ