search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 東出昌大と“共存”する方向で動き始めた所属事務所

東出昌大と“共存”する方向で動き始めた所属事務所

pic pic

東出昌大

 女優の唐田えりかとの不倫が原因で、妻で女優の杏との別居が「週刊文春」(文芸春秋)で報じられた俳優の東出昌大。

 先月、同誌で報じられて以降、連日大々的に各メディアで報じられていたが、そろそろ、報道もひと段落しそうだという。
 「杏サイドはしばらくは静観の構え。離婚に向けた話し合いが行われるとしても、東出の桐谷健太とのW主演ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』(テレビ朝日系)の撮影終了後になるでしょうから、早くても3月に入ってからでは。とはいえ、現状では離婚は避けられない状態でしょう」(芸能リポーター)

 不倫発覚前は大手住宅メーカーや自動車メーカーなど4社のCMに出演していたが、いずれも「マイホームパパのイクメン」のイメージだっただけに、全社降板させられそうで、早くも損害賠償請求を明言している社もあるほどだ。
 「まずは、その金額は所属事務所に請求されることになるが、小規模な事務所だけに、それを支払ってしまったらかなりの苦境に立たされることになりそう。そんな事情もあり、東出はクビにせず、今後、仕事をさせながらコツコツ返済してもらうことになるだろう」(芸能プロ関係者)

 発売中の「女性自身」(光文社)によると、所属事務所は東出と“共存”して再起させるべく、舞台方面に売り込みをかけているのだとか。
 とはいえ、今から出演枠を狙えるのは、2年後の舞台。それでも事務所は仕方ないと考え、むしろ、「同じ事務所の門脇麦をいっしょに出しますから!」とまで言っているほど。

 放送中のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」に主要キャストで出演し、舞台経験豊富な門脇だけに、東出の扱いはバーターだが、そのことも納得しているというのだ。
 「もともと、パっとしないモデルだったのが俳優になって一躍脚光を浴びた。それが間違いの元だったが、芸能界引退という選択肢はないのでは」(芸能記者)

 ドラマがクランクアップ後、東出の身辺に新たな動きがありそうだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ