search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 自ら叩かれるネタを提供し続ける土屋太鳳「少しくらい仕事減らして…」の声も

自ら叩かれるネタを提供し続ける土屋太鳳「少しくらい仕事減らして…」の声も

pic pic

土屋太鳳

 今やその言動がことごとく炎上してしまう存在になったのが女優の土屋太鳳。

 とにかく、何を言っても「あざとい」、「計算高い」など、とにかく叩かれる。
 「本人としては思ったことをそのまま口にしているが、世の女性たちからはすっかり嫌われてしまっている。その理由の1つが、映画やドラマで共演したイケメンたちとの親近感をアピール。実際、山崎賢人や北村匠海とは熱愛を報じられてしまった」(テレビ局関係者)

 昨年は姉の土屋炎伽がミスコンで優勝し、以前は会社員だったが、このところはタレントとして活動中。姉は特に鼻につくような言動をしたわけではないが、妹の余波ですっかり叩かれる対象となってしまったのだ。

 そんな土屋だが、13年に日本女子体育大学へ入学し、舞踊学を専攻したものの、その後ブレイクを果たしたため、学校に通えない状態が続いていることは何度か報じられていた。

 そのため、学内では中退説もささやかれていたというが、発売中の「女性自身」(光文社)によると、土屋は4度目の留年を決意。来年度、8年生として卒業できるように努力する決意を固めたというのだ。

 しかし、今年、Netflixで世界配信される「今際の国のアリス」や映画の撮影でほぼ休みなし。また、6月と10月には主演舞台も2本控えているというだけに、状況的には卒業は難しそうだ。
この記事に対し、ネット上では「少し仕事減らして学校行ってパパッと卒業しちゃったほうが楽だと思う」、「今の調子なら放校になる確率の方が高い」、「今の様に仕事をしていては出席は難しいでしょうね」など、かなりまっとうな意見が飛び交った。

 自身の決断で中退を選ばなかっただけに、卒業できなかった場合、またまたネット上で袋叩きに遭いそうだが、今後も叩かれるネタを提供し続けてくれそうだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ