search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 育休の小泉進次郎大臣に、丸山穂高議員「半年から1年ぐらいとれば」 説得力に称賛の声も

育休の小泉進次郎大臣に、丸山穂高議員「半年から1年ぐらいとれば」 説得力に称賛の声も

pic pic

小泉進次郎環境大臣

 2週間の育児休暇取得を発表した小泉進次郎環境大臣のトピックが注目を集めている。特に『週刊文春』(文藝春秋)に報じられた不倫疑惑報道の直後だけに、何かと憶測を呼びやすいのは確かだろう。

 この話題にすかさず噛み付いたのが、N国ことNHKから国民を守る党の丸山穂高衆議院議員である。1月15日更新のツイッターで、「大臣なんだから取るなの昭和脳は無視してドンドン取りゃいい」と、小泉氏が育休を取ることには賛同を示しつつ、「むしろ2週間とか短いでしょ。小泉大臣いない方が環境省回るんじゃないの?とか言われてんだから、半年から1年ぐらいとれば、不倫ホテル代の政治資金の話も忘れさせて、育休普及パフォーマンスもOKで一石三鳥」と書き込んだ。

 皮肉が入り混じったいつもの丸山節が全開と言える。ネット上では「確かに2週間は短いしパフォーマンスにしか見えないと思う。1年とは言わないが3か月は欲しいところ」「小泉さんだけで終わってしまうのはもったいないので、育休取れる流れを作ってみては」といった声が聞かれた。もちろん、「子供が成人するまで20年くらい休んでいいよ」といった煽りコメントもあるのだが、それなりの議論が展開されているようにも見える。

 丸山議員の一連のツイートは皮肉や当てこすり、あるいは彼自身の尊大な態度などが出てくるため、何かと炎上を招きやすいと言えるが、よく見て行けば批判や提案は建設的な要素もあると言える。

 最近の丸山議員はYouTubeによるライブ配信などにも力を入れており、情報発信に力を入れる国会議員となりつつあるのは確かだ。それでも1月13日には「今から飲みに行くらしいので」とも書き込んでいるため、こうした軽さを感じさせる姿勢に非難が集まってしまうのだろう。だが、要注目のアカウントであることには変わりなさそうだ。

記事内の引用について
丸山穂高のツイッターより https://twitter.com/maruyamahodaka

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ