search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 「あいつの“アホ”は嘘」紳助氏、『ヘキサゴン』の厳しい出演者選びを語る 見破れなかった“偽・おバカ"は?

「あいつの“アホ”は嘘」紳助氏、『ヘキサゴン』の厳しい出演者選びを語る 見破れなかった“偽・おバカ"は?

pic pic

島田紳助氏

 1月13日更新のmisonoのYouTubeチャンネルに、2011年に芸能界を引退した島田紳助氏が登場し、話題となっている。こうしたメディアに紳助氏が登場するのは引退後、実質的に初めてとなる。misonoは1月13日のオフィシャルブログのエントリタイトルを「チャンネル登録者数5万人で止まってたのに…島田紳助さんのおかげで投稿した数時間後には6万人に!?」と題し、反響の大きさに驚いている。

 13日に公開された動画は前編となる。動画撮影に至る経緯は、紳助氏と山田優の弟である山田親太朗が大阪で飲んでいたところ、たまたまmisonoも大阪におり合流。そのまま動画撮影の流れとなったようだ。紳助氏は引退後も、会いたいというタレントには「来る者は拒まず」の姿勢を取っており、ナインティナインの岡村隆史などとも会っている。

 misonoは紳助氏が司会を務めた『クイズ!ヘキサゴンII』(フジテレビ系)出演者であり、いわば「ヘキサゴンファミリー」の一員である。

 動画では番組制作の裏側が語られ、紳助氏は「出演者は各プロダクションに当たって、めっちゃオーディションをしていた」という。この番組では木下優樹菜、里田まい、つるの剛士など、いわゆる「おバカタレント」が次々とブレークしていったが、その「おバカ」の選定基準が難しかったようだ。紳助氏は「アホはなんぼでもいる。そのアホな回答を面白く理由付けできる人間を探していた。絶えずオーディションをして素晴らしいアホを探していた」と話っており、彼ら、彼女らは単なる「おバカ」ではなく、選ばれた精鋭だったようだ。ただ、紳助氏は「上地(雄輔)だけは、あいつのアホは嘘やったな。アホちゃうかと思ってしまった。ほんまのアホちゃうな」と話し、計算も入っていたと振り返った。それでも紳助氏すら騙してしまうのだから、タレントとして才能があったのは確かだろう。これを受け、ネット上では「ヘキサゴン、番組作りにそんな苦労あったのか」「面白いアホを探すのって難しそう」といった声が聞かれた。

 『水曜日のダウンタウン』(TBS系)では、「おバカタレントやりに行ってる説」が検証されるなど、天然と計算の境目は難しいところであろう。それを絶妙な演出力で作り上げていたのが、紳助氏と「ヘキサゴン」であったと言えそうだ。

記事内の引用について
misonoのオフィシャルブログより https://ameblo.jp/blog-misono/

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ