search
とじる
トップ > スポーツ > ノア 新生・方舟が船出! 三沢さんの“ニオイ”追いかける斉藤が再生

ノア 新生・方舟が船出! 三沢さんの“ニオイ”追いかける斉藤が再生

 プロレスリング・ノアの選手会興行が5日、東京・ディファ有明で行われた。綱引き式シングルマッチに臨んだGHCタッグ王者の齋藤彰俊は、王座挑戦をアピールしている森嶋猛に敗戦。次期防衛戦の相手として急浮上してきたが、一方で「三沢(光晴)さんの匂いのする選手とやりたい」との思いも口にした。
 前日に行われた「三沢光晴お別れ会」後、初めての大会となった選手会興行。この日の企画は、試合前に選手の代理となったファンが綱引きを行い、対戦相手を決定するというもの。

 齋藤の相手は森嶋に決定。森嶋は6・22後楽園ホール大会の試合後、「オレと佐々木(健介)さんでいつでも(GHCタッグに)挑戦できるものはあるから」とアピールし、虎視眈々(たんたん)とタイトル挑戦を狙っていた。
 天を指差し、試合に臨んだ齋藤。エルボー合戦、串刺しラリアートの打ち合いなど序盤から一進一退の肉弾戦を繰り広げた。攻防は激しさを増し、雪崩式ブレーンバスター、ジャーマン2連発からスイクルデスで齋藤が一気に追い込む。
 だが、森嶋にしのぎきられると、ヒップアタック、ラリアートで迎撃され、最後はバックドロップ2連発で3カウントを奪われた。

 試合後、森嶋から「齋藤さん、これからも一緒にがんばりましょう」と、エールを送られると「最後は魂のバックドロップをもらったんで。この試合でバックドロップで勝負してくれたことに感謝します」と呼応。
 さらに「いずれ自分もバックドロップを解禁した時に、もう一度戦いたい。自分は三沢社長の最後の対戦相手なんで、負けましたけど、もっと上を目指していきます」と決意を表明した。
 突然の一騎打ちとはいえ、GHCタッグ王者がタイトル挑戦を目論む森嶋に敗戦。齋藤はどう思っているのか。
 「気持ちを整理してから。森嶋選手たちも確かに力はあると思います。ただ、個人としては三沢社長の匂いのする選手とやりたい。シリーズまでには結論を出そうと思います」とV4戦の候補がほかにいることを口にした。
 お別れ会を終え、気持ちも新たに第一歩を踏み出した齋藤。次は誰を迎え撃つことになるのか。

関連記事


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ