search
とじる
トップ > 芸能ニュース > エロすぎる大橋未歩 クビの旦那をどう扱う?

エロすぎる大橋未歩 クビの旦那をどう扱う?

 テレビ東京アナウンサー・大橋未歩のエロ化一直線が止まらない。自身が出演するバラエティ『アリケン』にて「夫婦生活に後背位は必要」と自信満々に断言したり、「セクシー運動会」を確信犯的(?)に「セックス運動会」と言い間違えたりと、局アナながらエロ発言を連発。テレビを見るすべての男たちを中学生のごとく無意味に発情させてしまう存在、それが大橋未歩なのだ。

 この彼女の旦那といえば、元ヤクルトスワローズの内野手・城石憲之。堅実な守備力を誇りながらも打力が一軍レベルに及ばず、泣かず飛ばずのまま今年引退したばかり。かねてから「スターな嫁、サエない旦那」のアンバランス夫婦と揶揄され続けてきたこのカップル、引退後の仲がどうなるか気になるところ。何しろ世の男たちから嫉妬の目を一身に浴び続けてきた城石の引退だけに、日本全国からこれ幸いと「別れろ」コールが自然発生するのもやむ無しな流れではあるが…。

 実は城石の実家といえば、事務用品卸の会社を経営するかなりの資産家。たとえプロ野球選手になれなかったとしても、その際はおそらく家業を任されることになっていたのだろう。そう考えると、野球選手として大成できなかろうが、引退以降も順風満帆が保証されているのが城石の人生なのだ。
 おまけにチームきっての人格者ともいわれる城石。ヤクルト球団の幹部候補生である古田敦也や宮本慎也からの信頼も厚く、通算打率2割3厘でありながら選手会長を任された“人たらし”でもあるのだ。現に来季からは、ヤクルトの守備走塁コーチに就任が決まっている。
 一見だめんずウォーカーと思いきや、実はなかなか堅実な旦那選びをしていたエロアナの大橋さん。ひょっとして今夜も、後背位でダブルヘッダーに励んでいたりして!?

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ