search
とじる
トップ > スポーツ > 格闘技 石井慧 アフリクションも視野に

格闘技 石井慧 アフリクションも視野に

 今秋のプロ格闘家デビューを目指す北京五輪柔道金メダリスト、石井慧が2日、練習先の米国から帰国。UFCとの独占交渉権が切れたことで、“60億分の1の男”が所属するアノ団体にも色気を見せた。

 この日、米国の名門ジム、アメリカン・トップ・チーム(ATT)での特訓から一時帰国した。「いろんな技術とか、全体的にまんべんなく練習をしました。手応えはもちろんあります」とおよそ半月の練習で自信をつけた。

 米国でのデビューに向け、生活環境を整えるため「(日本の)いま住んでいるとこを引き払って、アメリカ暮らしをすることになりました」。2月下旬に再渡米し、ATTのオーナーが経営するホテル暮らしをしながら練習を積む。
 「ATT以外でも出けい古をしていきたい。ブラジルとか、(アントニオ・ホドリゴ・)ノゲイラさんのジムとか」。デビューまで、実力アップを図ることになる。
 また、1月末でUFCとの独占交渉契約が切れたことで主戦場の選択肢は広がった。「(デビューまで)時間があるんでいろいろな団体と話をしたい。アフリクション? そうですね」。石井が目標とするエメリヤーエンコ・ヒョードルが主戦場にしているイベント、アフリクションも視野に入れ始めた。
 他団体とも交渉解禁となった石井の世界は広がるばかりだ。

関連記事


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ