search
とじる
トップ > 社会 > 辞めない任天堂・岩田社長の年末商戦“最後の賭け”に社内大ブーイング

辞めない任天堂・岩田社長の年末商戦“最後の賭け”に社内大ブーイング

 「絶対に辞めない男」と陰口されている任天堂の岩田聡社長への風当たりが再び強まっている。

 業績低迷にあえいでいた昨年1月、岩田社長は「2014年3月期に営業利益1000億円以上を達成する」とぶち上げ、「これはコミットメント(公約)だ」と言い切った。ところが現実には黒字どころか464億円の赤字で、実に3期連続の営業赤字だった。
 「当然ながら株主は総会で社長をつるし上げようとしたのですが、本人は6月半ばに胆管腫瘍の手術を受けて療養に入っていたため欠席した。もし出席していたら怒号が飛び交ったに違いありません」(任天堂OB)

 その任天堂が発表した9月中間決算に市場関係者は岩田社長の“強運”を指摘する。中間期の営業赤字は4年連続だが、その額は2億円で前年同期(232億円の赤字)に比べれば大幅に改善している。据え置き型ゲーム機『Wii U』の回復傾向が7〜9月期に見られたことが大きい。

 しかし、関係者が目を見張る強運は、それだけの理由ではない。年末商戦ではWii Uで『大乱闘シュマッシュブラザーズ』などの人気ソフトを投入、3DS向けでも『ポケットモンスター』『妖怪ウォッチ』を発売する。これを踏まえて岩田社長は「年末商戦で成否が決まる。その結果に責任を持つが、今は(進退問題を)言う時期ではない」として例の公約問題を“封印”した。前出のOBが続ける。
 「これでは年末商戦が不振だったとしても、簡単には辞めるわけがない。現に岩田社長は健康分野に力を入れると宣言し、睡眠状態を自動計測するセンサーを来年度中に投入すると宣言した。ロートルになるまで社長を続ける意志がなければ、そこまで言い切れません」

 その岩田社長は任天堂に買収されたソフト開発会社の出身。いわば“棚ボタ”社長の堂々たる続投宣言とあって、任天堂ウオッチャーは「社内の不満は爆発寸前で不気味」と囁いている。

社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ