search
とじる
トップ > トレンド > 小田島渚 競泳水着が大嫌いで中学時代はプールに入ったことないです!

小田島渚 競泳水着が大嫌いで中学時代はプールに入ったことないです!

 『2013 ミスヤングチャンピオン』に選ばれ、8月までアイドルユニット・ヤンチャン学園のメンバーとしても活躍の小田島渚が、4枚目となるDVD『優しい関係』(ライン・コミュニケーション)の発売を記念したイベントが、13日、都内で行われた。

 撮影は6月のサイパンで行われたのだが、サイパンが思っていた以上に紫外線が強くて、真っ黒に日焼けしてしまったそうだ。そんな晴天の中で行われたDVDの撮影だが、その内容について聞いてみると「私と一緒にサイパンに行った気分を味わえるような内容になっています。私との距離が近かったり 制服を着たり 先生になってるので、色々なシチュエーションが楽しめます」と説明した。

 その中でも一番印象に残っているシーンについて聞いてみると「競泳水着を着ているシーンがあるんですけど、競泳水着が昔から大嫌いで、中学校の時にプールに一度も入っていないんですよ。まさか21歳になって着ると思いませんでした。でも着てみると当時は、何であんなに嫌だったんだろう? って思いました」と語った。

 競泳水着では初々しいシーンを見せてくれたが、逆にセクシーなシーンについて聞いてみると「目隠ししているシーンがあるんですけど、これは今までになかったことなので、皆さんも楽しめるんじゃないかと思いますよ。目隠しされて新たな世界が開けたような気がしました(笑)」とおどけてみせた。

 バラエティの富んだシーンが多い今DVDだが、一番の見どころについて聞いてみると「制服のまま海に入るシーンがあるんですけど、そこの夕景がキレイだったので、そこにも注目して欲しいです」とアピールした。

 現在はアイドルユニットも卒業してグラビアを中心に活動している渚ちゃんだが、女優としての活動もしている。「『ハンガー・ゼット』というゾンビの映画に主演するんですけど、普通のゾンビ映画と違って、ヒューマンドラマみたいな内容になっている作品になっています。9月27日から渋谷ユーロスペースで公開されるので、是非観て下さい」とアピールした。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


トレンド→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ