search
とじる
トップ > スポーツ > リクシル新球団の人事白紙発言の波紋

リクシル新球団の人事白紙発言の波紋

 TBSホールディングと横浜球団の買収交渉を煮詰めている住生活グループの潮田洋一郎会長(56)が、尾花高夫監督(53)の去就も含め「人事は白紙」と衝撃発言。さらに幼少のころから大洋ホエールズのファンであることを明かしたことで、生え抜きOBたちが色めき立っている。

 これまで横浜・若林貴世志オーナーが「尾花監督の続投ということで理解してもらっている。フロントも1年間はそのままで。1年経てばわからないが」と明言。監督、フロント首脳の人事は来季限定で現状維持を強調していただけに、球団内には衝撃が走っているのは当然だろう。
 が、人事は球団を買う側が決めるのは世の中の常識だ。球団を手放す側の若林オーナーの先走った発言に対し、住生活グループ・潮田会長が不快感を持ち、「人事は白紙」と強調したのは筋が通っており、正論だ。

 今季は日本ハムからスレッジ、ロッテからは清水直を獲得するなど、それなりの補強をしながら、昨年までの2年間と同じような惨敗、3年連続最下位独走では、尾花監督の手腕に疑問符が付けられるのは仕方ない。横浜球団の親会社のTBS解説者、アナウンサーが尾花サイ配を酷評するほどだった。住生活グループの統一ブランド『リクシル』の知名度アップを図るために、球団を買収する潮田会長とすれば、無条件で尾花監督続投を認めるわけにはいかないだろう。
 今季からの3年契約はあくまで横浜球団と尾花監督の間だけのことだ。尾花監督とすれば、ひたすら「続投」か「解任」か、首を洗って潮田会長の決断を待つしかない。が、大洋ホエールズ時代の生え抜きOBたちは小躍りしている。潮田会長が「秋山さん(故・登氏=元大洋のエースで監督)が好きだった」子供時代から大洋ファンだったことを明かしているからだ。
 大洋時代のOBたちは、マルハ(旧大洋漁業)からTBSに経営が変わり、冷遇されていると怒っており、こう不満を漏らしていた。「生え抜きのOBに監督の人材がいるのに、なぜヤクルトOBの大矢や中日OBの牛島、巨人の投手コーチだった尾花など他球団のOBを監督にするんだ」と。
 中でもONを核にしたV9巨人打線に立ちはだかったカミソリシュートで知られる平松政次氏などは、「横浜には愛着がある。生え抜きOBをもっと大事にして欲しい。一度はぜひ横浜の監督をやってみたい」と周囲に本音を漏らしている。大洋ホエールズ以来の横浜ファンだと公言した住生活グループ・潮田会長の発言を聞いて、さらに監督就任へ意欲を燃やしているだろう。

 昨オフに監督候補の1人に名前が挙がり、「ぜひ監督をやってみたい」と公言している、大魔神こと佐々木主浩氏も、潮田会長の言葉には色めきだっている1人だろう。球団買収話が表面化する前に二軍監督を解任された横浜一筋の田代富雄氏は、地団駄を踏んでいるのではないか。中日からの誘いがウワサされているが、もう少し早く球団買収が進んでいれば、評価の高かった、愛着ある古巣での二軍監督続投もあり得たからだ。
 TBSが推進してきたマルハ人脈の一掃だが、リクシル・ベイスターズ誕生で生え抜きOBたちが一気に息を吹き返すことになるかもしれない。

関連記事


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ