search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 家族にも“三くだり半”を突きつけられそうなASKA容疑者

家族にも“三くだり半”を突きつけられそうなASKA容疑者

 11月28日に覚せい剤取締法違反(使用)容疑で警視庁に逮捕された歌手のASKA容疑者(58)が30日、送検されたが、今回の逮捕で2年前の逮捕から更生を支えてきた家族との間の“溝”が浮き彫りになったことを、一部スポーツ紙が報じている。

 記事によると、14年9月の判決公判後、ASKA容疑者は入院時期をのぞいて、東京・目黒区の自宅で妻の洋子さん、長男、長女でシンガーソングライターの宮崎薫と生活。洋子さんは逮捕時に離婚を考えたこともあったというが、ASKAを献身的にサポートし、夫婦で旅行するなど良好な関係を築いていたという。

 しかし、昨年末、そんな家族の関係に変化が。ASKA容疑者が“盗撮被害”に遭っていることなどをつづった著書の出版を妻に止められ、家族は1対3の構図に。ASKA容疑者は今年2月から病院に入院させられ、退院後、ASKA容疑者の音楽活動が活発になると外出が目立ち、家族とは半別居状態になってしまったというのだ。

 「家族とそういう状態になってしまったので、孤独をまぎらわすために薬物で気をまぎらわしていたのでは。著書を書くため都内のホテルの一室を借りて、自宅と行き来していたが、ホテルの部屋で使用していた可能性が高いようだ」(芸能記者)

 逮捕を受け、更生を願っていた妻のショックは計り知れないようで、周囲から「今度こそ離婚するのでは」と心配されているという。

 一方、長女は2年前のASKA容疑者の逮捕の影響もありレコード会社と契約を解除。その後、レコード会社は決まらず、首都圏を中心に細々と音楽活動を続けている。ツイッターとインスタグラムは更新し続けているものの、ASKA容疑者の逮捕についてはまったく触れていない。

 ASKA容疑者の家族がどんな決断を下すかが注目される。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ