search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 島田紳助が2年連続26時間テレビの司会へ 王国の勢い止まらず…

島田紳助が2年連続26時間テレビの司会へ 王国の勢い止まらず…

 多くの冠番組を抱え、芸能界で絶好調の島田紳助が、2年連続でフジテレビの26時間テレビの総合司会をつとめることが一部スポーツ紙で報道された。今年も、同局のバラエティ番組「クイズ!ヘキサゴンII」に出演するメンバーが数々の企画で、番組を盛り上げるという。テレビ界での神助の勢いは圧倒的な島田紳助。しかし、問題も抱えている。

 「数年前までは同期でライバルのさんまの格下でしたが、今や肩を並べています。抜いたのではとの話もあります」と話すのはテレビ局関係者。「“紳助王国”なんていわれますが、芸能界でも彼に好かれようとみんな必死ですよ。その媚びる感じが視聴者の不評を買っているのも事実」。確かにネット上などで、紳助の評判は良いとは言えない。

 さらに気になるのが、ここ最近では、紳助主導で珍しくコケた新撰組リアンの存在。「紳助はなんとかしようと必死で各メディアに売り込んでいます。ギャラも超格安設定。それでもオファーは紳助絡みでなければ皆無。よってこのプロジェクトは大赤字らしい。今回の26時間テレビにも紳助パワーでゴリ押ししたいようですが、もともと日テレ主導の企画なので反発は間違いなくあるでしょう」(芸能事務所関係者)。

 ゴリ押し成功で、実力も人気も乏しい新撰組リアンが26時間テレビに出演すれば、紳助パワーが働いたことが明らかであり、視聴者をうんざりさせることは間違いないだろう。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ