search
とじる
トップ > トレンド > 饅頭茶漬け? ケストリッツァー・シュヴァルツビール? 古本の街 神保町で『文豪カフェ』

饅頭茶漬け? ケストリッツァー・シュヴァルツビール? 古本の街 神保町で『文豪カフェ』

 10月27日から開催される第51回「神田古本まつり」。この開催を記念してサクラカフェ神保町では、世界の文豪や芸術家が愛したメニューをそろえるという。これまでも坂本龍馬ゆかりのメニューをそろえた「龍馬カフェ」などの企画で楽しませてくれた同店、今回は文学ファンに必見の企画になっている。古書を探し求め、疲れた体をやすめるために文豪カフェへ。片手には先ほど買った古書、そして注文するメニューは文豪が愛したもの。読書好きにはたまらないひと時になるのは間違いなさそうだ。

 同企画でのメニューは4品。さっそく紹介しよう。まずは18世紀のドイツの作家であるゲーテが愛した黒ビール「ケストリッツァー・シュヴァルツビール」(800円)。温泉地で保養中のゲーテがこのビールで栄養補給したといわれるもの。アルコールも4度と少なめなので、昼間からでも問題なさそうだ。

 「アブサンカクテル」(600円)は19世紀の作家モーパッサンや詩人のヴェルレーヌが愛した「ぺルノ・アブサン」(ヨモギのリキュール)を使ったカクテル。アブサンはフランス国内で飲む事が難しいため、実はフランス人の観光客に大人気なんだとか。

 日本の代表的な文豪である森鴎外ゆかりのメニューは一風変わったもの。鴎外は「饅頭を4つに割ってご飯の上にのせ、煎茶をかけて美味しそうに食べた」との記述があることから、それを再現した「饅頭茶漬け」(400円)を提供。

 さらにラフカディオ・ハーン(小泉八雲)が毎朝飲んだと言われている「松江コーヒー」(400円)は今風にアレンジして再現させた。

 同店には他にもウルグアイ出身の総合格闘家からヒントをもらいメニューになった鉄分満点の「グリーンマテ茶」、さらに龍馬カフェの企画で好評だった「龍馬ラテ」など、ここでしか体験できないメニューが盛りだくさん。古書購入の帰りに一度足を運んでみてはいかがだろうか。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


トレンド→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ