search
とじる
トップ > 芸能ネタ > テレビ高画質化の恩恵を受けた美肌アナ 美脚も披露し、たちまち人気に

テレビ高画質化の恩恵を受けた美肌アナ 美脚も披露し、たちまち人気に

 テレビが地上波だけでなく、BSやCSと多チャンネル化したことで、女子アナやキャスターが急増している。この恩恵を受けたとてつもない素材がいるのだ。

 女子アナウォッチャーの間で、NHK-BS1の徳住有香アナ(37)の人気が急上昇している。「こんな美形がいたのか」、「ハイビジョンのアップに耐えられる肌のきれいさ」、「女神すぎる」と絶賛されている。
 徳住アナは2000年に鹿児島読売テレビ(KYT)に入社。報道番組を中心に活躍し、07年に退社。フリーとなった。『キャッチ!世界の視点』(NHK-BS1)でハイビジョンに耐えうる美しさを誇り、人気が上昇。昨年から『Tokyoほっと情報』『都議会特番』(テレビ東京)にも出演している。
 「端正な顔立ちは、まるで日本人形のようで、美形のクールビューティー。これまではBSで、しかもNHKの地味な番組、さらに朝7時放送ということで、その美しさが埋もれていました。女子アナ好きはどうしても、朝はフジの『めざましテレビ』を見てしまいますからね。でも、10年ごろから一部では話題になっていました。最近になって、『初めてその美しさを知った』というファンも増えてきています」(女子アナウォッチャー)

 なぜ、徳住アナがクローズアップされるようになったかというと、今年7月に『ワールドWaveトゥナイト』(NHK-BS1)の黒木奈々アナが胃がんで惜しまれながら降板。徳住アナが代理を務めることになったからだ。
 そして、顔の美しさだけでなく、番組中にキャスターのテーブル下から見える美脚も話題になった。脚を組んでいるため、デルタゾーンが見えそうになることもあり、ファンの目は一気に釘付けになった。そして、注目が集まるにつれ、卑猥な話題も出てくる。
 「徳住アナは髪型に異常なこだわりがあり、サザエさんのワカメちゃんのようなかっちりしたオカッパや、アシンメトリー(左右非対称)の髪型にするなど、すごく特徴的なんです。高齢の視聴者から『何であんなに不自然な髪型なんだ。ニュースに集中できない』という意見が届いたこともあるそうです。一方で、マニアは博多人形のような顔だちと不自然な髪型から、『ラブドールみたいだ』と変に盛り上がってしまっているんです」(NHK関係者)

 徳永アナは残念ながら鹿児島時代から既婚者ということだが、BSのアナということで、個人情報がほとんど出ない。そのため、女子アナウォッチャーたちは画面上に映る姿だけで妄想を膨らませる。よって、どんどんカリスマ化が進んでいるようだ。

芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ