search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 妻まで詐欺師におとしめた羽賀研二受刑者、結婚会見も前代未聞だった

妻まで詐欺師におとしめた羽賀研二受刑者、結婚会見も前代未聞だった

pic pic

羽賀研二

 詐欺事件で服役している元タレントの羽賀研二受刑者(本名・當眞美喜男)と、元妻で不動産管理会社代表・當眞麻由容疑者が18日、強制執行妨害などの疑いで沖縄県警に逮捕されたことを、各メディアが報じた。

 報道をまとめると、羽賀容疑者は、未公開株の売買をめぐって知人男性から計約3億7000万円をだまし取ったなどとして、2013年4月に懲役6年の判決が確定。

 羽賀容疑者が金銭をだまし取った被害者の男性は、貸していた金も含めて返還を求め提訴し、大阪地裁が2016年10月に約3億9000万円の支払いを命令。羽賀容疑者が控訴していたが、2017年5月に賠償命令が確定していた。

 現在、羽賀容疑者は沖縄刑務所に服役しており、今月31日に出所予定だったが、残り13日で獄中逮捕。今回の逮捕容疑は2017年1月、羽賀容疑者が所有する県内の土地や建物の所有権を、麻由容疑者に移転する登記申請をし、譲渡したように装った疑い。

 羽賀容疑者は06年10月に元会社員の麻由容疑者と結婚し、長女をもうけたが、2017年1月に登記を移した時点では、離婚。県警は、詐欺事件の被害者への賠償に充てられる不動産を差し押さえから回避するため、偽装離婚し、財産分与したように偽装した可能性があるとみている。

 「母親まで逮捕され、8歳の長女が哀れでならない。元彼女でタレントの梅宮アンナが羽賀受刑者に金をしぼりとられたことは周知の事実だが、元妻を“共犯者”に仕立て上げてしまった」(芸能記者)

 そんな羽賀受刑者だが、逮捕された元妻との結婚会見は驚くべき形で行われたというのだ。

 「当時、ジュエリープロデューサーのような肩書だったが、要は“だまし売り”のようなもの。会見はなんと、地方都市での営業先に報道陣を呼び付けて行われた。一分一秒でも金を稼ぐ時間をロスする時間が惜しかったのだろう」(ワイドショー関係者)

 明らかに悪意のある犯行だけに、起訴されれば厳しい刑が言い渡されそうだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ