search
とじる
トップ > 芸能ニュース > よしもと男前1位・EXIT兼近「好きなだけ俺を僻んでくれ」発言が波紋 “認識が甘すぎない?”の声も

よしもと男前1位・EXIT兼近「好きなだけ俺を僻んでくれ」発言が波紋 “認識が甘すぎない?”の声も

pic pic

EXIT・兼近大樹

 その年の吉本芸人の男前&ブサイクのナンバーワンが決定される「よしもと男前ブサイクランキング2019」が18日に発表され、男前1位にEXIT・兼近大樹が決定した。兼近は同日、SNSで1位になったことをインスタグラムで報告したが、その内容が賛否を集めている。

 兼近はランキングが発表された記者会見後にインスタグラムを更新し、「吉本男前ランキング」「1位」とハッシュタグを交えつつ報告。白い王子様のような服を着用し、ピースサインで笑顔を浮かべている自身の写真を披露した。

 さらに、兼近は「芸人界TOPイケメンの称号 俺が取ったんじゃない お前らが取らせたんだ」「芸人としては 不本意だけど ありがとうパリピ」と投票をしてくれたファンに感謝。その上で、「何かで1位を取ったり 目立ったり 結果を出すと 必ず沸いてくる 誹謗中傷と言う名の殺人未遂」と理不尽なバッシングに触れ、「俺も含め人間なんて粗しかねぇんだから探してたら見つかり過ぎて疲れねぇか?」と呼びかけた。また、「好きなだけ俺を僻んでくれ 妬んでくれ 叩いてくれ その度に俺は人に優しくなれるから」と自身はバッシングを気にしないといい、「たしかに君の中ではイケメンではないかも知れないが 誰かの中ではイケメンなんだ そんな誰かを蔑むのはやめてくれよな」とバッシングがファンにまで及ぶことを危惧していた。

 これに対し、兼近のインスタグラムには、「タグから人の良さがすでに伝わる」「コメントもイケメン」など絶賛が集まっていたが、ネットからは、「自分に圧倒的な非があることで、なんでそんなにネットを煽れるの?」「売春斡旋も窃盗も粗っていうレベルではないよ」「いくらなんでも認識が甘すぎない?」という厳しい声が聞かれていた。

 「売春の斡旋や窃盗の過去が週刊誌によって報じられた兼近ですが、週刊誌の直撃に素直に認めたこともあり、さほど人気には影響せず。報道後もまったく勢いが衰えることなく、テレビに出続けています。しかし、兼近がツイッターに出した謝罪文に『この件は被害者が居なかったかもしれませんが法に裁かれずとも』とつづったり、今回のように批判者を煽るような発言をしていることも事実。これにファンからも、『もう余計なこと言わないで』『この発言自体が批判の材料になってるんだけど…』という呆れ声も聞かれてしまっています」(芸能ライター)

 よしもと男前1位は、EXITの人気にさらに拍車を掛けるのだろうか――。

記事内の引用について
兼近大樹公式インスタグラムより https://www.instagram.com/kanechikadaiki
兼近大樹公式ツイッターより https://twitter.com/kanechi_monster

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ