search
とじる
トップ > トレンド > 書評「ZERO4 テン乗り馬券術」尾崎健吾著、メタモル出版

書評「ZERO4 テン乗り馬券術」尾崎健吾著、メタモル出版

 一時代前、競馬界で騎手になるためには、ひとつの厩舎に弟子入りし、馬の世話をしながら目指すものだった。よって騎手は当然その厩舎の馬に騎乗した。

 しかし、現在では専門の学校で学び、卒業後に厩舎に所属しながらも、その後、厩舎を離れていくフリーの騎手が急増している。その結果、騎手がその馬に初めて乗る「テン乗り」が当たり前となってきた。
 著者はその「テン乗り」に注目して必勝馬券術を見出した。「テン乗り」の場合、新聞の騎手の成績欄に「0000」と4つのゼロが並ぶことから、著者はこれを「ZERO4」理論と名づけ、忙しいサラリーマンでもできる簡単攻略法を解説する。
 今年の前半戦を振り返ってみても、ヴィクトリアマイル1着のエイジアンウインズ(藤田騎手)、安田記念1着のウオッカ(岩田騎手)、宝塚記念1着のエイシンデピュティ(内田騎手)はすべて「テン乗り」での勝利。興味ある人は試してみては?(税別1400円)

関連記事


トレンド→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ