search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 大作洋画と人気アニメがトップ3に初登場した今週の映画ランキング

大作洋画と人気アニメがトップ3に初登場した今週の映画ランキング

 8月8日、9日の映画興行収入ランキング(興行通信社発表)が発表され、スティーヴン・スピルバーグ製作によるヒットシリーズの第4弾「ジュラシック・ワールド」が初登場首位を獲得した。

 「ジュラシック・ワールド」は土日2日間で54万4759人を動員し、興行収入8億4512万円をあげた。5日に公開されたため、すでに累計で107万人を動員し興収は15億円を突破している。

 2位はトム・クルーズ主演の人気スパイアクションシリーズ5作目「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」。600スクリーンで公開され、42万7281人を動員し、興収5億7354万9200円をあげた。

 「全国各地のスクリーンは夏休み期間ということもあり、確実に観客動員が見込める2つの大作洋画の上映に力を入れている。そのため、邦画の上映スクリーンが減らされているので、今年のこの時期、邦画は苦戦を強いられてしまう」(映画ライター)

 3位も初登場で、人気コミック「NARUTO ナルト」のスピンオフ「BORUTO NARUTO THE MOVIE」が268スクリーンで公開され、30万5396人を動員し、興収4億964万6200円をあげ根強い人気をうかがわせた。

 夏休み恒例の人気テレビシリーズの劇場版で同時上映となった、「劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー」と「手裏剣戦隊ニンニンジャー THE MOVIE 恐竜殿さまアッパレ忍法帖!」は初登場で6位。297スクリーンで公開され、17万1297人を動員し、興収2億1328万9350円をあげた。戦後70年にあたる今年の注目作「日本のいちばん長い日」は初登場10位。210スクリーンで公開され、11万4589人を動員し、興収1億4548万2900円をあげた。

 「『日本のいちばん長い日』は今後、公開スクリーンが増えていくので数字を伸ばしそう。逆に、先週の1位から5位にダウンした『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』、同3位から8位にダウンした『HERO』は数字が伸び悩んでしまった」(同)

 今週は特に注目作は公開されず。今週のトップ10入り作品が来週もそのままトップ10を争いそうだ。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ