search
とじる
トップ > トレンド > 文科系忍者記者ドラゴンの道『進化したプレデター? 映画・プレデターズ』

文科系忍者記者ドラゴンの道『進化したプレデター? 映画・プレデターズ』

 2010年7月10日公開予定の映画『プレデターズ』。
 プレデター・シリーズの最新作が遂に日本公開だ。

 プロデューサーを務めるのは世界中にファンを持ち、『デスペラード』、『シン・シティ』等で有名なロバート・ロドリゲス。「15年以上前から、プレデターズをやりたかった。この作品はオリジナルの『プレデター』をリスペクトして創り上げた、まさに“進化系”なんだ」と語っている。 以前の『プレデター』のスト−リーは、地球に降り立ったプレデターを描いたものだが、今作『プレデターズ』は、まったく新しいスタイルを取っている。それぞれの分野で圧倒的かつ、優秀なチカラを持った一流の殺し屋たちが、突然、理由もわからずに謎の地球外生命体によって惑星に集められた。
 彼らは傭兵、殺し屋、特殊工作員など、全員が最強の人類と言える戦闘のエリート中のエリートであり、冷血な殺人鬼たちだ。普段はターゲットを相手に任務を遂行する彼らが実は…最強の地球外生命体=プレデターの獲物だった。
 超劇的にパワーアップした戦闘能力、進化した武器を装備した無数のプレデター達が、最強人類の猛者たちと生命をかけた熾烈な戦闘を繰り広げるが、生き残るのはプレデターか人類か…。

 今作には豪華なキャスト陣が集結し、『戦場のピアニスト』でアカデミー賞主演男優賞を獲得したエイドリアン・ブロディや、『マトリックス』で渋くカッコ良い演技で注目を集めたローレンス・フィッシュバーン、『スパイダーマン』の若手スターである、トファー・グレス。日本人殺し屋を演じるのは期待の俳優、ルイ・オザワ。
 21世紀版プレデターに新たな色を添え、ダイナミックな映像で描く新鋭の監督には、プロデューサーのロバート・ロドリゲスがその才能を絶賛するニムロッド・アーントル。プレデターの簡単なプロフィールを紹介しよう。 身長230センチ、体重は200キロ。特徴はカメレオンのように景色と同化することで、人間の目から見えず、圧倒的な身体能力を持つ。今作では謎のスーパー・ウエポンを装備しているとの噂だ。

 新たに進化したスーパー・プレデターから狙われてみないか?

2010年7月10より、TOHOシネマズ 有楽座他全国ロードショー!
■映画プレデターズ・公式サイト
http://predators.jp/
■(C)2010 TWENTIETH CENTURY FOX

■文科系忍者記者ドラゴン・ジョー(山口敏太郎事務所)

参照 山口敏太郎公式ブログ「妖怪王」
http://blog.goo.ne.jp/youkaiou

関連記事


トレンド→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ