search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 沢田研二は、何故ジュリーなの?

沢田研二は、何故ジュリーなの?

 テレビにおける春の番組改変期も、そろそろ終盤を迎えようとしている。今春も連日多くの改変期特番が放送されているが、その中で必ず放送される番組の一つに、なつかしの歌謡曲を数時間にわたって放送する番組がある。4月1日にTBSで放送された「あなたが聴きたい歌の4時間スペシャル」もそうだ。ご覧になった方も多いだろう。残念ながら筆者はこの番組を一部分しか見ていないのだが、ランボルギーニカウンタックの前で「勝手にしやがれ」を歌う沢田研二のVTRが流されたらしい。そしてこの時、あちらこちらの家庭ではこんな会話が繰り広げられていたという。
 「何で、沢田研二ってジュリーっていうの?」
 「…む、昔からジュリーっに決まってるんだ。」

 問いかけたのは沢田研二を知らない世代の息子や娘。答えになっていない答えを返すしか術が無いのは、沢田研二が大スターだった頃に青春を謳歌していた親達である。
 確かに何故ジュリーなのか知らないし、疑問にも思わなかった人がほとんどではないだろうか。
 当時の人気ドラマ「寺内貫太郎一家」で樹木希林扮する、きん婆さんが沢田研二のポスターを見ながら身を捩じらせ「じゅ〜り〜〜〜」と叫ぶ姿を思い出すだけで、なんか知らないけどジュリーでいいんだ、と納得しそうになるが、それでは若い世代には通用しないだろう。
 ジュリーという愛称の由来は、沢田研二が「ジュリー・アンドリュース」のファンだからだという。

 60年代グループ・サウンズで人気を博した「ザ・ワイルドワンズ」と新バンドを結成し、2月10日にエイベックスから第1弾シングル「渚でシャララ」をリリースした沢田研二をテレビで見ることが、これからもあるだろう。その時、子供達の質問には、きっぱりと「ジュリー・アンドリュースのファンだからだ。」と答えてほしい。
ただ、その時生じるであろう新たな質問「ジュリー・アンドリュースって誰?」に備えて「メリー・ポピンズ」や「サウンド・オブ・ミュージック」などのDVDの準備もお忘れなく。

七海かりん(山口敏太郎事務所)

山口敏太郎公式ブログ「妖怪王」
http://blog.goo.ne.jp/youkaiou/

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ