search
とじる
トップ > 芸能ニュース > フジテレビ社長 SMAPへの“パワハラ”を否定

フジテレビ社長 SMAPへの“パワハラ”を否定

 フジテレビの亀山千広社長が26日、定例会見で「SMAP」が独立騒動を謝罪した番組に関し、放送倫理・番組向上機構(BPO)へ「パワハラだ」などと視聴者からの意見が多数寄せられたことについて、「意見は当てはまらない」と否定したことがわかった。亀山社長はSMAPメンバーの「番組への愛をすごく感じた」として、「(批判には)番組で答えを出していくしかない」と述べたという。

 1月18日に解散騒動の渦中にあったSMAPのメンバーが、フジテレビ「SMAP×SMAP」に生出演。一連の騒動に関して謝罪し、グループ存続を表明した。ややこわばった表情で登場したメンバーに対して、ネット上では「みせしめ」「パワハラ BPO動け」「公開処刑だった」などの意見が多数飛び交っていた。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ