search
とじる
トップ > トレンド > 「私、テレビの味方です」新垣結衣ネクラ疑惑浮上 ポッキーダンスはもう踊れない!?

「私、テレビの味方です」新垣結衣ネクラ疑惑浮上 ポッキーダンスはもう踊れない!?

 今月8日放送の『堂本剛の正直しんどい』(テレビ朝日系)にガッキーこと新垣結衣(20)が出演していた。この連載では約1年ぶりにガッキーを扱うわけだが、この番組の見どころはズバリ、「ガッキーは変わったのか否か?」である。

 変わった、というのはどういうことか説明しよう。まずガッキー人気に火がついたのは「ポッキー」のCMだった。歌うこともなく、一心不乱にひたすらダンスする。その姿に、その躍動感に僕たちは心奪われたのである。そう、ガッキーは動いてこそ持ち味を発揮するし、我々が期待しているガッキー像は躍動感にこそある。
 ところが、だ。その後のガッキーの活動を見ていると、「どうやらこの人はポッキーのCMで見せたような躍動感のある子じゃないんじゃないか?」という疑惑が浮上してきた。
 歌手デビューしたまでは良かったが、棒立ちのまま歌うし(若い子にそんなことさせちゃダメだろ!)、バラエティーに出ている場面を見ても自分の感情を爆発させることをしないし。
 おそらく普段のガッキーはその辺の20歳女子と同じように感情を素直に表現していると思うのだが、テレビカメラの前ではまったくの別人になってしまうのだ。それはつまり、僕たちの期待しているガッキーではないんだよ!
 とはいえ、いつか芸能界にも慣れてきて、まあそのうち明るさを表現できるようになるだろうと考えていたわけだが、どうやらまだその段階にはないようだ。
 というのも、その『正直しんどい』にて堂本剛(29)とボウリングに興じることになったガッキー。下手クソだと言いながらも、いきなり8ピンを倒す。
 「こんなに倒れたことないんです、私」と(うっすらとした)笑顔で好調をアピールしたのだが、だったら、もっと喜ぼうよ!今こそポッキーダンスのチャンスなのに!
 主演映画『フレフレ少女』の宣伝で出てくるのは構わない。ただ、何よりの宣伝は、映画のポスターをボウリング場内にぺたぺた貼りまくることではなくて、ガッキーが躍動している姿を見せることなのだ。
 しかしながら、ガッキーが嫌いになったわけではないので、もう少し定点観測し続けることにします。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


トレンド→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ