search
とじる
トップ > 芸能ニュース > パメラ・アンダーソン、まだトミーが好き!

パメラ・アンダーソン、まだトミーが好き!

 パメラ・アンダーソン(『ベイウォッチ』)は『若さを追及』する為に美容整形は受けたくない。

 1989年『プレイボーイ』誌の表紙に登場した22歳の時に豊胸手術を受けているパメラ、シリコンのインプラントを胸に入れても、年齢が顔に表れた時には自然に歳を取って行きたいと言う。

 「ボトックスなんてした事ないわ。顔にする物は好きじゃない。怖いじゃない。ボトックス注射している人の顔を見ると、皆同じに見えるでしょ」「ただ、やらない方が良いなと思うの。特に43歳になった今はね。この歳のままでいるべきと思う。今まででも一番可愛い女性だったわけじゃないし、いまさら若さを追求する必要があるとも感じていないの」

 ブランドン(14)、ディラン(12)を元夫トミー・リーとの間にもうけているパメラだが、ヘアケアやコスメさえも大量に使わない『ナチュラル』な容姿が好きであるとも語った。ファビュラス誌に対しパメラは、「あまりコスメやヘアケア製品を使って頑張ろうとはしないの。長い間、フェイシャルケアにも行っていないわ。自然でいるのが好きなの」

 そんなパメラ、元夫のトミー・リーがあまり2人の子供たちと一緒に過ごすことがないと愚痴った。「子供たちはあまり父親と時間を共有してないの。でも彼らがもう少し大きくなれば、父親と多くの時間を過ごしているに違いないわ。でもトミーって永遠の16歳だからね」「でもそれって、私がトミーと子供たちが一緒にいることを嫌っているって訳ではないの。トミーは出来る限り努力はしているわ…最近ようやくその事実に気付いたの」

 キッド・ロック、リック・サロモンとの結婚生活は短命だったパメラだが、トミーのことをずっと愛していて彼との復縁を無視することは出来なかったらしい。ファビュラス誌に対して「この15年そのことで自分自身を苦しめたわ。多くは子供たちについてだけど。これまで家族をつくろうといろいろな男性と付き合ったけど、おとぎ話のようにはいかなかったの。子供たちのためならむしろ独り者の方がいいかもね」「でもいつかいい人が現れるかも…でも、もしダメなら、子供たちが私のことを面倒みるのかな」「トミーのこと? お互いに好きだけど、一緒には住まないわ。ロマンスは悲劇だから、そこから離れるわ。でも私の両親って、今も狂おしく愛し合って一緒にいるの」とコメントした。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ