search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 宮迫とオリラジ中田、さんまに「こだわりを破って」「YouTubeは敵という時代じゃない」発言で厳しい声

宮迫とオリラジ中田、さんまに「こだわりを破って」「YouTubeは敵という時代じゃない」発言で厳しい声

pic pic

雨上がり決死隊・宮迫博之

 雨上がり決死隊の宮迫博之が、明石家さんまにユーチューブ番組への出演を呼びかけ、ネット上から冷たい声が集まっている。

 問題となっているのは、16日にアップされた「【本気】明石家さんまさん。僕たちの話を聞いてください」という動画。現在、オリエンタルラジオの中田敦彦とともにユーチューブ番組『WinWinWiiin』を立ち上げている宮迫。今後、出演してほしいゲストについて2人が話し合うという動画になっていた。

 その動画の中で名前が挙がったのが、明石家さんま。宮迫が「ラジオで、嘘かホンマか、俺とか渡部(建)とかのユーチューブに現れるみたいなことを言ってた」と明かすと、中田も「言ってた!」と興奮気味に。カメラ越しに「さんまさん、出るなら『WinWinWiiin』で!」と呼び掛け。「ユーチューブは敵だとか、そういう時代じゃないんですよ。面白いものはどこでやったっていいんですよ!」と訴えていた。

 また、宮迫はさんまが以前、テレビ朝日のレギュラー番組の行き違いを巡り、テレ朝へは出演しないと決めていたものの、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で雨上がり決死隊の記念回を収録している際、サプライズ出演してくれたことを告白。「約束事を破ってまで出てくれたことを俺らは知ってるから、2人とも腰抜けてん」と明かし、「だからさんまさん、もう一度こだわりを破ってください!」と懇願していた。

 ​>>「やっぱり未練がある」の声 雨上がり宮迫とオリラジ中田、ユーチューブ番組立ち上げで賛否<<​​​

 しかし、この動画にネットからは、「自分が勝手にユーチューブ行ったのにこだわり捨ててって何様?」「さんまの助けを蹴ってユーチューブに行ったのは自分でしょ?」「テレビで居場所なくした人に敵じゃないって言われてもただただ滑稽」という冷たい声が集まっているという。

 「さんまと言えば、吉本興業から契約解除となった宮迫を自身の個人事務所で一時預かることを宣言。芸能界復帰に動いていたものの、宮迫はそれを無視する形でユーチューバーデビューを果たしました。これまで、さんまはたびたびテレビタレントという立場から『俺がユーチューブ出たらアカン』『俺はテレビで生きてきた人間だから、テレビを守ろうとしている』と発言。一部週刊誌では宮迫のユーチューブも見ておらず、出ないことも宣言しているため、出演の可能性はほぼないのではないでしょうか」(芸能ライター)

 宮迫の言い分に呆れてしまったネットユーザーも多かったようだ。

記事内の引用について
宮迫博之公式ユーチューブチャンネルより
https://www.youtube.com/channel/UCtubooLn_qgqoWsWS-UWuHw?pbjreload=102

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ