search
とじる
トップ > スポーツ > オリックス、中嶋監督代行「いろんな戦力が出てきた」終盤若手の台頭を評価

オリックス、中嶋監督代行「いろんな戦力が出てきた」終盤若手の台頭を評価

pic pic

中嶋聡監督代行

 オリックスは7日に千葉・ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテ戦で、2020年シーズン全120試合を終了。借金「23」の最下位で終わってしまったが、最後の5試合は高卒ルーキーのドラフト1位、宮城大弥がプロ初勝利、ドラフト2位、紅林弘太郎が今シーズン初昇格を果たすと、初安打と初打点を記録するなど来シーズンに向けて期待が持てる試合内容となった。

<オリックス戦績 11月3日〜7日>
対東北楽天
大阪・京セラドーム大阪
11月3日
○オリックス(山崎福)6-3(則本昂)東北楽天●
11月4日
○オリックス(竹安)8-7(涌井)東北楽天●
11月5日
●オリックス(田嶋)2-4(辛島)東北楽天○
対北海道日本ハム
大阪・京セラドーム大阪
11月6日
○オリックス(宮城)4-3(河野)北海道日本ハム●
対千葉ロッテ
千葉・ZOZOマリンスタジアム
11月7日
●オリックス(榊原)3-4(二木)千葉ロッテ○
(カッコ)内は先発投手。

 120試合45勝68敗7分、順位は2年連続最下位でシーズン終了。

 西村徳文監督の退任により、シーズン途中に二軍監督から監督代行に就任した中嶋聡監督代行は「自チームの戦力の把握はできていたと思いますが、他球団全チームの能力、戦い方全てを見ていたわけではなかったので、そこに関しての難しさは感じました」と大量の借金を抱えた状態でチームを任されただけに、かなり苦労した様子。ただ、「(吉田)正尚、若月(健矢)以外は二軍で一緒だった」というのが、中嶋監督代行の強味だったのは言うまでもない。二軍監督時代にマンツーマンで見てきた選手たちを一軍の舞台で積極的に起用したのは、間違いなく来シーズンに繋がるはずだ。

 防御率のタイトルは惜しくも逃したが、山本由伸は最多奪三振のタイトルを、吉田正尚は首位打者のタイトルが当確している。田嶋大樹の規定投球回数到達もチームにとっては大きな収穫と言っていいだろう。大半の選手は千葉での試合から一夜明けて、大阪ではなく宮崎に向かった。今年は毎年高知で行われてきた秋季キャンプが中止となり、今月末まではみやざきフェニックスリーグに参加する選手と、大阪・舞洲の練習施設で秋季練習する選手の二班に分かれる。

 先に宮崎入りをしている選手たちは「来年は俺たちが」という気持ちを持って、目の色を変えながら、千葉から合流した一軍組を待ち構えていたはずだ。新しい体制は近日中に発表される見込み。
「いろんな戦力が出てきた。経験することでチームの能力が上がったと思う。この悔しい思いも収穫にしたい。来年、必ずみんなやってくれるはずです」。来年は新しい指揮官のもと、優勝争いが出来るチーム作りをしてもらいたい。

 (どら増田)

関連記事

タグから探す


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ