search
とじる
トップ > 社会 > 銃を誤って発砲した男性、自身の性器に被弾 切断するという最悪の結果に

銃を誤って発砲した男性、自身の性器に被弾 切断するという最悪の結果に

pic pic

画像はイメージです

 人間、誰しも失敗することはあるが、海外には、致命的な失敗をして自らを傷つけてしまった人がいる。
 ジャマイカ・ポートランド教区で、とある男性が誤って銃を発砲し、自身の性器を撃ったと、海外ニュースサイト『Jamaica Star』と『Mirror』が10月19日までに報じた。

 ​>>「襲う家を間違えた」ハロウィンパーティで3人死亡9人重軽傷、銃を乱射した容疑者ら12人が逮捕<<​​​

 報道によると、男性は銃を携帯して出かけるため、銃をしまって携帯できる銃用のウエストバンドに、銃を入れようとしたそうだ。なぜ、銃を携帯しようとしたのかは不明である。なお、男性は銃を所持する許可を持っており、合法的に銃を所持していた。

 男性は銃をウエストバンドに入れようとしたが、その際、誤って発砲し、男性の性器が被弾した。男性は救急車を呼び、病院に搬送されたそうだ。

 男性は医師による診察を受けたが、医師は性器をそのままにしておくと尿道に影響を与え、排尿が困難になる可能性があるたため、性器を切断することが好ましいと判断した。手術により男性の性器は切断された。男性の命に別状はないという。

 このニュースが世界に広がると、ネット上では「なんて間抜けなんだ。自分で自分の性器を撃つなんてギャグだろう」「想像しただけで痛い。男性はこんな目に遭うなんて思ってもみなかっただろう」「いくら合法だといっても銃を携帯して出かける必要があるのか。ジャマイカの社会がそうさせるのか」などの声が挙がっていた。

 海外には、誤って銃で自身の性器を撃ってしまった人がほかにもいる。
 アメリカ・イリノイ州で、ホットドッグを売る屋台に強盗に入った19歳の少年が、銃を誤って発砲させ自身の性器を撃ったと、海外ニュースサイト『Police1』が2017年11月に報じた。同記事によると、少年はホットドッグの屋台に強盗に入り、店員の頭に銃を突きつけ、現金を要求したという。店員がレジから現金を出すと、少年は銃を店員の頭に突きつけたまま現金を受け取ろうとした。少年は現金に手を伸ばしたが、受け渡しがうまくいかず、現金は床に散らばった。

 少年は銃を店員の頭から離し、床に散らばった現金を集め、その場から逃げようとした。少年は逃げる前に、店員を威嚇するため、天井に向けて銃を撃とうしたが、銃を掲げる前に誤って発砲し、自身の性器を撃ってしまったという。

 少年は性器が被弾した状態で走って逃げようとしたが、痛みで動くことができなかった。少年はその後、駆けつけた警察によって逮捕された。なお、詳しい少年の怪我の状態は明かされてない。

 銃を犯罪に使うことはもってのほかだが、いくら合法的に所持していたとしても、取り扱いには十分気を付けるべきだろう。

記事内の引用について
「Man shoots own penis」(Jamaica Star)より
http://jamaica-star.com/article/news/20201016/man-shoots-own-penis
「Man shoots off penis with own weapon while tucking it into waistband」(Mirror)より
https://www.mirror.co.uk/news/world-news/gun-lover-shoots-penis-weapon-22868072
「Ill. man shoots himself in penis while robbing hot dog stand」(Police1)より
https://www.police1.com/arrests-sentencing/articles/ill-man-shoots-himself-in-penis-while-robbing-hot-dog-stand-u244EEVcpTxnpOQq/

関連記事

タグから探す


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ