search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 〈貞淑美女タレントの性白書〉 新人女子アナ6名「エロ女性器」身体検査

〈貞淑美女タレントの性白書〉 新人女子アナ6名「エロ女性器」身体検査

「“やり手ババア”のようなモノ言いで恐縮ですが、今年も“いいコ”、いやもとい、“できる女性アナウンサー”が入って来たと思います」(女子アナウオッチャー)

 さる6月、
『皆様に正しい情報をわかりやすく伝え、少しでも生活に“彩り”を添えられるアナウンサーを目指して研修に邁進して参ります』

 と、TBSの公式HPにこんな挨拶をしたのは野村彩也子アナ(1997年9月25日生まれ)。

「今月の誕生日で25歳。父は狂言師の野村萬斎です」(TBS関係者)

 慶応大学環境情報学部では、ミス慶応SFC、読者モデルとして活躍。卒業後の進路に注目が集まっていた。

「自分似の娘を萬斎は幼い頃からとても可愛がりました。とはいえ、後継者にするのは不可能。そこで、彼女の希望をふまえた上で、“ひと肌ぬいだ”ようです」(女子アナライター)

 萬斎は、TBS製作の映画『のぼうの城』『七つの会議』に主演したり、番組のナレーションを担当するなど“縁”が深かった。

「そこで、愛娘のために、上層部に掛け合ったということです」(在京テレビ局関係者)

 TBS局内での評価は上々という。

「コロナ禍の影響で、研修も例年より遅めのスタートとなりました。先輩の前でもビビらず、堂々とニュース原稿の読みなどをやっている。何より、父親ゆずりで声がいいと認められつつあるようです」(TBS関係者)

 萬斎からのアドバイスはただ一つ。

「腹から声を出せということだそうです」(テレビ局関係者)

 ただ、残念なことも。

「東京五輪の1年延期が痛かった。お父さんは、五輪の開閉会式の総合演出担当でしたからね。野村アナが現場からレポートするという“父娘共演”が期待されていたのです。ま、来年彼女が“実力”でその座を射止めればいいだけのことなんですけどね」(前出・TBS関係者)

★Dカップ巨乳石川みなみアナ

 日本テレビは、石川みなみアナ(1996年8月4日生まれ・24歳)と忽滑谷こころアナ(1998年2月13日生まれ・22歳)の2人が入社した。

 まず、石川アナは広島県広島市出身で早稲田大学教育学部卒。

「少しずつ出て来ていますが、早くも“かわいい”と大評判。身長164センチで、おっぱいも“Dカップ”以上あると思います」(前出・女子アナライター)

 幼い頃から長距離走が得意だったという石川アナ。

「今も、“フルマラソンで4時間切り”を目指してトレーニング中というのですから、外見に似合わず根性のある女子アナと言えますね。また、ボルダリングにも興味津々で、街を歩いていても、一見、不可能な壁を見つけると“燃える”そうですから、女子アナに向いていると思います」(日本テレビ関係者)

 日本史も大好きで、くずし字の解説もやるとか。

「古文書や手紙などから歴史をひもとくのが至福の時とか。好奇心も旺盛なんです」(同)

 モットーは『何も咲かない寒い日は下へ下へと根を伸ばせ。やがて大きな花が咲く』というもの。
「これは、彼女が尊敬するマラソンの金メダリスト・高橋尚子が言い出したもの。いずれ、『箱根駅伝』の実況をやりたいと思っているそうです。憧れの女子アナは、同局の先輩・水卜麻美アナだそうです」(前出・女子アナライター)

 ちなみに、好きな食べ物は広島出身らしく、お好み焼だという。

 もう1人の新人・忽滑谷アナは、字面も読み方も難しい。

「“ぬかりや”と読みます。悪いことをしたら、すぐに“あいつだっ”と分かってしまいそうな姓なので、彼女はいつも慎重に行動することを心がけているようです」(前出・女子アナウオッチャー)

 神奈川県川崎市出身で聖心女子大学文学部卒。

「特技は英語(英検準1級)とダンス。信条は『After you』(お先にどうぞ)で、謙虚でいることを大切にしているそうです」(同)

 父親はラグビー部、母親はラクロス部出身というスポーツ一家に生まれた忽滑谷アナは、自身も大学時代ラクロスに熱中した。

「真っ黒に日焼けしていたところから、“煮卵”というニックネームで呼ばれていたそうです。また、学生時代は、AbemaTVとBS朝日で学生キャスターをしていました」(前出・テレビ局関係者)

★「美女アナの宝庫」テレ朝

 テレビ朝日には、渡辺瑠海(1997年4月22日生まれ・23歳)、佐藤ちひろ(1998年1月5日生まれ・22歳)、そして安藤萌々(生年月日不詳)という3人の女性アナが入った。

「今やテレビ朝日は、民放№1と言われるくらいの女子アナ宝庫となっています。お台場の放送局が、遠くにかすんでしまうほど美人が揃っています」(芸能ライター・小松立志氏)

 渡辺アナは、新潟県小千谷市出身で、成蹊大学法学部卒。モットーは『笑う門には福来る』というから、明るく前向きな性格と見ていいだろう。

「ストレスが溜まると、ドラムをたたいたり、韓流ドラマを見て涙を流したりして発散しているようです」(前出・テレビ局関係者)

 そんな渡辺アナは、テレビ朝日女性アナウンサーの本気チャレンジ動画で人気の公式ユーチューブチャンネル“動画はじめてみました”の新企画『家事ヤロウ!!! レシピで料理はじめました』に出ている。

「弘中綾香アナと林美桜アナによる『弘中美活部』や三谷紬アナによる本気ダイエット動画『目指せ-10キロ! 本気ダイエット』などの企画は各方面から注目され、大きな話題となりましたから、渡辺アナにも注目しましょう」(前出・女子アナウオッチャー)

 なお、名前の瑠海は、瑠璃色の海から名付けられたという。

 佐藤アナは福島県相馬市出身で、早稲田大学商学部卒。4月5日からいきなり、『サンデーステーション』のお天気コーナーを担当している。

「ニュース番組内でお天気を担当した新人女子アナは、その後、ほとんどが“出世”しています」(テレビ朝日関係者)

 もともと、佐藤アナは報道志向が強いという。

「東日本大震災が大きな影響を与えました。何事も“現場主義”でいきたい考えを持っています」(同)

 安藤アナの名前は“萌え萌え”と書いて“もも”と読む。

 成蹊大学法学部卒で、大学時代はゴルフ部のキャプテンを務めていた。

「ベストスコアが78という腕前。ゴルフ上手に加えて“かわいい”ということで他校の男子ゴルフ部員が“処女を守る会”を結成したという伝説があります」(前出・女子アナライター)

『反省はしても後悔はしない』

 というのが信条の彼女。

「現在、『グッド!モーニング』のスポーツコーナーを担当していますが、声の通りがよく、聞きやすい。滑舌もしっかりしていると評価は高い」(同)

 これから“大化け”するのは、どの新人アナであろうか。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ