search
とじる
トップ > 芸能ニュース > チョコプラ松尾、第一子誕生で父としての自覚芽生える「もう一人じゃない」

チョコプラ松尾、第一子誕生で父としての自覚芽生える「もう一人じゃない」

pic pic

チョコレートプラネット・松尾駿

 お笑いコンビのチョコレートプラネットが2日、都内で行われた充電式電動歯ブラシ「オーラルBiO」新製品発表会に、競泳の瀬戸大也選手、フリーアナウンサーの宇垣美里と出席。コロナ禍の心境の変化などを明かした。

 ​>>全ての画像を見る<<​​​

 チョコレートプラネットは、P&G東京2020大会応援キャンペーン「Thank you、Mom」の日本代表アンバサダーを瀬戸、宇垣とともに務める。長田庄平はこの日、「ネタをする時も噛み合わせが何より大事。噛み合わせが悪いといいパフォーマンスもできない」と歯ブラシの大切さを訴え、松尾駿も「健康な体で家族を守る!」と自ら電動歯ブラシを使って、歯磨きパフォーマンスなどを披露した。

 コロナ禍が話題となると、長田は「お笑いコンビでやっているのに、お笑いができなくなってしまった。ただのコンビになってしまった」とため息。松尾も「お弁当とか、コンビなのに場所をずらして食べたりと大変」と述べ、「大変な時期。でも、6月に子どもが生まれた。もう自分一人ではない。健康に気をつけ、子ども、奥さん、(モノマネ対象の)IKKOさんを守っていきたい」と父としての自覚を口にした。

 瀬戸も「一番影響があったのは3月、4月。トレーニングもできなかった。日々の体調管理を気をつけながらトレーニングするので難しかったです」とコメント。宇垣も「うつらないように、うつさないようにって、手洗いなどは気をつけるようになりました。最近は遠出とかもしなくなりました」と話していた。

(取材・文:名鹿祥史)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ