search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 木村拓哉“過去の交通違反”反省!? 日産アンバサダー就任でガチ模範ドライバーへ

木村拓哉“過去の交通違反”反省!? 日産アンバサダー就任でガチ模範ドライバーへ

pic pic

提供:週刊実話

 俳優の木村拓哉が、先ごろ日産自動車の新ブランドアンバサダーに就任したことが発表された。早速、同社の新CMにも登場している。

 木村といえば、長年にわたってトヨタ自動車の顔だったが、度重なる交通違反で免許停止になるなど、自動車メーカーのCMキャラクターとしてふさわしくない行動を取ったことが一因となり、2017年に契約が終了していた。二度と自動車関連のCMは来ないと思われていたところ、日産自動車が“拾う神”となったようだ。

「当然、木村も自分の立場を認識しており、安全運転を至上命題としているでしょう。それでもCMで『やっちゃえNISSAN』の決めセリフを言う木村の姿を見て驚いた人も多いハズ。彼は2011年、12年と短期間の間に二度にわたってスピード違反で摘発され、免許停止となった過去がありますからね。さらに、トヨタとの契約が終了した直後の17年6月にはバイクに追突し、3台が関連する玉突き事故を起こしました。木村は『考え事をしていて、ブレーキから足を離してしまった』などと供述。この事故直前に『SMAP』の仲間だった稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾のジャニーズ事務所退所が発表されたばかりとあって、それを考え込んでいたのでは? などといわれたものです」(芸能関係者)

 スピード違反や交通事故を起こした木村だが、車やバイクの運転は大好き。結構なスピードを出すタイプだという。しかし、日産からもらったチャンスを無駄にするわけにはいかない。

「木村が心掛けているのは法令順守。いくら道が空いていてスピードを出せる状況でも、法定速度を守っています。車線変更や右左折のときもミラーで確認するだけではなく、サッカーの一流選手のように首を左右に振って目視で安全を確認。ハンドルは10時10分の位置で握り、姿勢を正して安全運転に取り組んでいますよ」(同・関係者)

 時折、ついうっかりアクセルを踏みたくなる場面もあるが、そこはグッと我慢。大人になったキムタクは自分の立場を考え、日本一安全運転する男を目指して今日もハンドルを握っているようだ。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ