search
とじる
トップ > 社会 > 復興庁職員・妻子持ち中年男が“パパ活10代少女”を昏睡わいせつ!

復興庁職員・妻子持ち中年男が“パパ活10代少女”を昏睡わいせつ!

 緊急事態宣言下で全国民が我慢を余儀なくされていた5月、エリートの上級国家公務員が10代少女の“パパ活”に応じ、会ったその日にクスリを飲ませて思う存分もてあそぶという、破廉恥な事件が発覚した。

 警視庁池袋署は7月19日、10代少女に睡眠作用のある薬物を入れた酒を飲ませて意識不明にし、性的暴行を加えたとして、埼玉県新座市に住む復興庁参事官補佐、菅原久興容疑者(46)をわいせつ目的略取、準強制性交の疑いで逮捕した。

 警察によれば、10代少女がツイッターで“パパ活”募集し、これを見た菅原容疑者がすぐに返信。5月27日の夜、池袋駅で初めて2人は顔を合わせたという。

 この夜は食事だけという約束で近くの居酒屋に行き、少女はハイボールを2〜3杯飲んだところで記憶がなくなったと証言している。

「菅原は隙を見て少女に薬物を飲ませ、近くのホテルへと連れ込んで体をもてあそんだようです。その間、少女には意識がなく、ホテルを出てタクシーに乗せられてから正気に戻った。そして体の違和感に気付き、すぐに警察に駆け込んだのです」(捜査関係者)

 少女はハイボール2〜3杯で酔うことはなく、彼女のスマホには菅原容疑者とのやり取りが残っていた。また、ホテル付近の防犯カメラには、少女を抱きかかえて連れ込む様子がはっきり映っていたという。

「菅原は内閣府課長補佐でしたが、最近になって復興庁に出向しました。妻子と暮らす真面目な男で、これまで事件などとは無縁でした」(内閣府の同僚)

 菅原容疑者は「酒にクスリを混ぜたことはありません。ホテルには行きましたが、少女の体には触っていません」と、容疑事実を頑強に否認しているという。これが本当なら、この男は眠っている少女を前に1人、オナニーでもしていたのだろうか…。

関連記事


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ