search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 欅坂46、2度目の改名へ 苦しい決断の裏に妹分の台頭とキャプテンの苦悩?

欅坂46、2度目の改名へ 苦しい決断の裏に妹分の台頭とキャプテンの苦悩?

pic pic

欅坂46・菅井友香

 人気アイドルグループ・欅坂46が16日、初のオンラインライブを開催し、グループ名を改名することを発表した。

 ライブ終盤のMCで、キャプテンの菅井友香が、「欅坂46は5年間の歴史に幕を閉じます。新しいグループ名となり、生まれ変わります」と報告。

 新グループ名のお披露目時期は未定で、10月に現体制でのラストライブを予定しているという。
 菅井は現状について、「出口の見えないトンネルをさまよった」と表現し、「耳をふさぎたくなるような気持ちだった」と告白。ファンに対して、「また新たな強いグループになることを約束します。期待してください」と呼び掛けた。

 ​>>コロナでビジネスモデルが崩壊しそうな48グループと坂道シリーズ<<​​​

 欅坂はもともと、「鳥居坂46」としてメンバーを募集。15年8月にグループ名を変更して結成。
 デビュー曲「サイレントマジョリティー」が女性アーティストの発売初週売り上げ新記録を作り、デビュー1年足らずでNHK「紅白歌合戦」に初出場するなど話題を呼んでいた。

 「同じ『坂道シリーズ』の乃木坂46、日向坂46とは一線を画し、あくまでもパフォーマンス重視を売りにしていた。しかし、それを売りにできたのも、総合プロデューサーの秋元康氏が“絶対的センター”に指名した平手友梨奈がいたから。その平手は今年1月に突如脱退してしまったため、グループとしての方向性をすっかり見失ってしまった。そんなグループを任された菅井もかなりの重圧を背負わされていたのでは」(音楽業界関係者)

 それでも、多くのファンを抱えていただけに、活動を継続するという選択肢もあったはずだが、そうしなかったのには理由があったようだ。

 「後発グループの日向坂が思わぬほどの勢いでブレイク。すっかり欅坂をしのぐほどの人気となっただけに、欅坂をシャッフルして、日向坂と競うほどの人気グループに成長させようとしているのでは」(芸能記者)

 リニューアルした欅坂の方向性が注目される。 

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ