search
とじる
トップ > スポーツ > カブキ・ウォリアーズWWE女子タッグ王座一歩届かず…アスカ二冠逃す!

カブキ・ウォリアーズWWE女子タッグ王座一歩届かず…アスカ二冠逃す!

pic pic

カブキウォリアーズ

 世界最大のプロレス団体WWEは日本時間7月14日、アメリカ・フロリダ州オーランドのWWEパフォーマンスセンターで、主力ブランドのロウを世界配信した。

 カブキ・ウォリアーズ(アスカ&カイリ・セイン)と、王者ベイリー&サーシャ・バンクスがWWE女子タッグ王座をかけて激突。

 カブキ・ウォリアーズは、ゴング前から襲い掛かかってきたベイリー&サーシャにダブル・ドロップキックを放つと、試合開始後もアスカがベイリーの顔面にダブル・ニー、カイリが2人にダブル・スピアーを決めて雄叫びを上げた。続けて、カブキ・ウォリアーズが、ダブル・ヒップアタックを2人にクリーンヒットさせると、ベイリー&サーシャも捕まえたカイリをバリケードに叩き付けて反撃。

 両チームが入り乱れてハイレベルな攻防を展開すると、終盤にはカイリが連携攻撃からインセイン・エルボーをサーシャに叩き込んで勝負ありかと思われたが、ベイリーがサーシャを引きずり出してフォールを回避すると、最後はサーシャが追撃を狙うカイリを必殺のバンク・ステートメントでガッチリ捕まえてギブアップ勝ち。カブキ・ウォリアーズは善戦するも王座奪取に届かず、ベイリー&サーシャが王座防衛に成功した。

 アスカとサーシャは、日本時間20日に世界配信されるPPV『ザ・ホラーショー・アット・エクストリーム・ルールズ』で、アスカが保持しているロウ女子王座にサーシャが挑戦する形でシングルマッチが実現する。

WWE ロウ
2020年7月14日配信(日本時間)
アメリカ・フロリダ州オーランド
WWEパフォーマンスセンター

▼WWE女子タッグ選手権試合
<王者組>ベイリー&○サーシャ・バンクス(バンク・ステートメント)アスカ&カイリ・セイン●<挑戦者組>
※王者組が防衛に成功。

(どら増田 / 写真©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.)

関連記事

タグから探す


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ