search
とじる
トップ > スポーツ > 新日本7.20後楽園でEVIL&東郷が始動!ロスインゴと対戦

新日本7.20後楽園でEVIL&東郷が始動!ロスインゴと対戦

pic pic

ディック東郷、EVIL

 新日本プロレスは20日に開催する『NEW JAPAN ROAD』東京・後楽園ホール大会の対戦カードを発表した。有観客試合再開後、都内では初の大会で、中西学氏の引退興行が行われた2.22後楽園大会以来、約5か月ぶりの開催となる。

 メインイベントでは、新IWGPヘビー級&IWGPインターコンチネンタル二冠王者EVILが、バレットクラブの一員として本格始動。“パレハ”のディック東郷、そして石森太二を加えたトリオで、古巣ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの高橋ヒロム、内藤哲也、BUSHIと対戦する。ヒロムは25日の愛知・愛知県体育館大会でEVILに挑戦するため、この一戦は前哨戦となる。ベルトを奪われた内藤も黙ってはないだろう。BUSHIも一緒に保持していたNEVER無差別級6人タッグ王座をEVILに一方的に返上されており、ロスインゴ勢は裏切ったEVILの制裁を狙うのは言うまでもない。

 東郷は2017年7月4日に東京・新宿FACEで開催された『LION’S GATE PROJECT 7』以来の新日本マット参戦となる。レスリングマスターとして日本は元より、世界中で闘ってきた東郷に、偽マスクを被られたBUSHIはシングルマッチにまで持っていきたいところ。東郷とヒロム、内藤との絡みも新鮮で、どんな化学反応を生むのか注目したい。

 セミファイナルでは、棚橋弘至、飯伏幸太、永田裕志、ミスター・ワトの本隊カルテットが、新IWGPタッグチャンピオンチームのタイチ&ザック・セイバーJr.に、鈴木みのると金丸義信が加わった鈴木軍と対戦。リターンマッチを狙っている棚橋&飯伏、7.11大阪・大阪城ホール大会の試合後、金丸に襲撃されたワトにとっては負けられない試合となる。オカダ・カズチカは後藤洋央紀とのタッグで、高橋裕二郎、外道との対決が決まった。

(どら増田)

関連記事

タグから探す


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ