search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 剛力彩芽の超絶腹筋“着エロ”饒舌ボディー悩殺写真撮影現場

剛力彩芽の超絶腹筋“着エロ”饒舌ボディー悩殺写真撮影現場

pic pic

提供:週刊実話

 女優の剛力彩芽が、超絶腹筋をあらわにした「着エロ」悩殺ボディーを公開し、驚きが広がっている。

「剛力はファッション全般の通販サイト『STYLEVOICE.COM』で、新連載『愛とファッション』を開始。初回の6月5日、上半身は緑色のブラジャーのようなものを着け、下半身はお尻に密着したショーパンという、“着エロ”のようなエッチな姿で座っている写真を披露したのです。体の左側面は腹筋が浮き出ており、全開にした太もももムキムキで、得意のダンスで鍛えた、垂涎ボディーが明らかになったのです」(芸能関係者)

 撮影現場では、かなりキワドイ状況もあったという。

「おっぱいの部分は“極小ブラ”と言えるほど布地面積が小さく、美乳の先端部分が見える寸前。胸がツンと円錐形に突き出ている一方、ムダな贅肉が一切ないため、布地と体の間に隙間ができがちで、スタジオでの撮影中には剛力が前かがみになった時に一瞬、乳輪がチラ見えしたことがあったとか。しかも、少女のようなピンクだったというのです。まさに“お宝ボディー”ですよ」(同・関係者)

 剛力は昨秋、熱愛で世間を騒がせていたZOZO創業者、前澤友作氏との破局が判明。しかし今年4月、一転“復縁”が報じられ、世間を仰天させたばかりだ。

「『週刊文春』の報道によると、今年2月に千葉・南房総の温泉旅館で、関係者もいる前で復縁を宣言し、4月には都内レストランで会食していたといいます。ただ、前澤氏にはもともと、女性と結婚するという意思が全くないため、下半身復縁の色合いが強いとの見方が有力。不思議な関係といえます」(スポーツ紙デスク)

 今回、悩殺ボディーを突如、公開した背景には、剛力が“フルオープン”披露を決意したことがありそうだという。
「破局を機に、周囲が女優業復活のために尽力し、今年3月には6年ぶりの映画出演となる『お終活』(来春公開)の製作発表に出席するなど順調に歩み始めていたのですが、復縁報道でまた不透明になってきた。そうした中、剛力はヤケクソ気味の“暴走セクシー”を、しかるべきタイミングで披露することを周囲に相談しているそうです。今回の“着エロ”は、その観測気球とみられ、あれだけ鍛えたボディーを全開にすれば一発逆転も可能。“脱げる女優”としての新境地も開けそうです」(芸能プロ関係者)

“着エロ”超えを望む!

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ