search
とじる
トップ > 社会 > 田中角栄「怒涛の戦後史」(25)元通産省事務次官・小長啓一(中)

田中角栄「怒涛の戦後史」(25)元通産省事務次官・小長啓一(中)

 小長啓一が田中角栄通産大臣の秘書官に就任するにあたって、田中の大蔵大臣時代に秘書官を経験した大蔵官僚から耳にした“田中評”は、こうであった。

「とにかく忙しい人だから、あとを付いていくだけで大変だぞ。事務方が長々と説明したって、聞く人じゃないからな。まず、それに慣れることだ」

 その通りであった。通産大臣就任直後には積年の懸案だった日米繊維交渉の決着に向けて大車輪の働き。同時に小長も秘書官として休む暇もなかった。その交渉を見事に決着させると、小長には次の“注文”が待っていた。田中は、言った。

「国土の改造計画を本にまとめたいが、君、協力してくれんか」

 大蔵大臣、自民党幹事長を歴任し、通産大臣としての重責を果たして、さらに自信をつけた田中は、「沖縄返還」後に佐藤栄作首相が退陣することを必至として、いよいよ天下取りに乗り出す意思表示をしたということでもあった。小長は即座に、こうした田中の思いを感じ取った。

 もとより、田中によるこの国土の改造計画は、雪で苦しむ新潟への郷土愛と、東京、大阪などの都市と地方の経済格差をなくし、国土の均衡ある発展を目指さねばならないという政治信条から発していた。その実現のために高速道路、新幹線、空港、港湾、工業用地などのインフラ整備を進め、日本全国を“1日行動圏”にするという雄大な構想であった。

 田中はすでに通産大臣になる前の自民党都市政策調査会長時代に、「都市政策大綱」を発表しており、これを自民党内の大勢が「20年、30年先の国づくりを目指したわが党の政策足り得る」と支持、普段は批判記事の多かった朝日新聞も極めて好意に満ちた記事を書いたものだった。

 この「都市政策大綱」は田中が相当入れ込んだもので、自ら5000万円、現在の貨幣価値からすれば2億円ほどのポケットマネーを投じて、優秀な国会議員、地方議員、地方自治体首長、そして各省庁からこの国の明日に情熱を持つ課長、課長補佐クラスの若手官僚をピックアップ、集めた資料は2トントラック1台といった具合だった。

 これらの人材が各部会に分かれて資料を分析、連日にわたる大小の会議を1年余り重ねたうえでの成果であった。多忙な田中もできるだけ会議に顔を出し、熱弁を振るったものだった。

 そうした結果である「都市政策大綱」が、のちの「日本列島改造論」の“下地”となった。「都市政策大綱」に新たなデータを組み入れ、さらに具体的内容を加えたものが「日本列島改造論」ということだったのである。

★各省庁は全面協力へ

 さて、小長に下った田中の“命令”は、本を作成するためのチームづくり、各省庁にまたがる関連のデータを含む最新資料を集めること、時には各省庁のエキスパート官僚を呼んで、さらに話を聞くということであった。役人の世界はタテ割り社会で、省庁同士が協力し合うというケースはほとんどない。ましてや、一議員に自分の省庁の最新資料などの提供はあり得ぬことだったが、ここでは違った風景があった。

 当時を取材した政治部記者の話が残っている。

「小長秘書官が必要に応じて各省庁に資料提供などを申し込むと、ほとんどが『角さんが本を出すのなら協力したい。局長には話を通しておく』というものだった。田中がいかに省庁を掌握し、官僚から慕われていたかの証左だった」

 本の作成チームは、小長が目をつけた通産省の若手官僚4名ほど、それに出版先と決めた日刊工業新聞社の記者が10名ほど参加した。通産省の若手官僚の一人に、のちに経済評論家・作家となる堺屋太一もいた。前出の政治部記者の話の続き。

「4日間、まず本の作成チームの面々は通産大臣室で田中の話を聞き、『都市政策大綱』にさらに血肉を加える作業をした。田中はというと、なんと1日6〜7時間、ぶっ続けで話し続けた。『何でも東京へというモノとカネの流れを、地方に逆流させねばならん。日本人がどこに住んでも、それなりの生活ができる国にしようじゃないか』といった具合で、誰もがその凄み、情熱のほとばしりを感じて聞き入ったという」

 じつはこの間、出版先を選ぶのが難しかった。もとより、田中は「朝毎読」といった大手新聞社の最高幹部とは親しく、このうち1社に決めれば他社の反発を買ってしまう事は必定。田中が選んだのは、全国紙ではない「日刊工業新聞社」であった。

 同社の社長は田中と同じ新潟の出身で、そこならやむを得ぬで反発を買うこともない。なるほど、ここにも田中の「敵をつくらぬ、減らす」という人生観が垣間見えるのであった。

 昭和47(1972)年の年が明けると、小長のところに田中の秘書だった早坂茂三がやって来て言った。

「出版は、3月にしたい。急いでくれ」

 田中派幹部の二階堂進も来た。

「本はいつ出るんだ。一刻も早く頼む」

 田中が自ら口にしたことはなかったが、小長はこれまでの人生になかった高揚感に包まれるのであった。
(本文中敬称略/この項つづく)

***************************************
【著者】=早大卒。永田町取材50年のベテラン政治評論家。抜群の政局・選挙分析で定評がある。著書に『愛蔵版 角栄一代』(セブン&アイ出版)、『高度経済成長に挑んだ男たち』(ビジネス社)、『21世紀リーダー候補の真贋』(読売新聞社)など多数。

関連記事


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ