search
とじる
トップ > スポーツ > 五輪延期で夫婦仲悪化!? 競泳男子・瀬戸大也が抱える“妻のプレッシャー"

五輪延期で夫婦仲悪化!? 競泳男子・瀬戸大也が抱える“妻のプレッシャー"

pic pic

提供:週刊実話

 男子競泳のエース・瀬戸大也がコーチを変更して練習環境を変えようとしている。

 一部報道では、「北島康介らを育てた平井伯昌代表ヘッドコーチのもとへ行くようだ」と伝えていたが、練習環境を変える理由は、指導内容に不満があったわけではないようだ。

「東京オリンピックが来年7月に延期されると決まったとき、瀬戸は号泣したそうです。しばらくは脱け殻同然で、何も手につかなかったみたいです」(スポーツ協会担当記者)

 瀬戸はリオ五輪の男子400メートル個人メドレーで銅メダルを獲得。世界選手権で何度も表彰台を経験するなど、東京五輪の金メダル候補だった。延期にショックを受けるのは分かるが、「泣き崩れるほど」となると、相当想いが強かったのだろう。

「平井コーチのチームには、ライバルの萩野公介もいます。ライバルと切磋琢磨すれば瀬戸にとって刺激になるだろうし、萩野の飛躍も期待できます」(同・記者)

 より厳しい環境を求めたのは、私生活にも起因しているという。

 瀬戸は2017年に元飛込競技選手の美女アスリート・馬淵優佳と結婚。優佳夫人とは学校こそ違うが同い年で、大学を卒業後すぐに結婚した。もちろん、優佳夫人自身も東京五輪出場を熱望していた。

「優佳夫人は結婚後、間もなく第1子の妊娠が判明したことで、東京五輪出場の夢をすべて夫に託しました」(スポーツ紙記者)

 優佳夫人は生粋のアスリートだ。父親は元飛込競技選手であり、若くして指導者に転向して、現在は飛込競技の日本代表ヘッドコーチでもある。

「大学卒業後、すぐの結婚でしたから、瀬戸は義父に夫人の当面の競技継続を約束していました。妊娠でその約束が反故になり、なおかつメダル獲得まで果たせなかったとなれば…」(同・記者)

 夫婦生活に影響を及ぼさないためにコーチを代えて、高いモチベーションを持続させようというのなら、切られたコーチがかわいそうだ。

関連記事


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ