search
とじる
トップ > 芸能ニュース > ジャニーズ退所後の今井翼の芸能活動が軌道に乗った理由

ジャニーズ退所後の今井翼の芸能活動が軌道に乗った理由

pic pic

今井翼

 俳優の長谷川博己が主演を務めるNHK大河ドラマ「麒麟がくる」に、元「タッキー&翼」の今井翼が出演することが18日、同局の公式サイトで発表された。

 今井が演じるのは、織田信長の家臣・毛利新介役。05年の「義経」以来15年ぶり、3回目の大河出演で、同じ事務所の先輩で歌舞伎俳優の片岡愛之助演じる今川義元を討ち取る役を演じる。

 今井は、「毛利新介の出世欲、強い執念を目的に演じさせていただきました。身に余る演出をつけていただき、胸が高鳴る時間を過ごさせていただきました。壮大な桶狭間の戦いのシーンに是非ともご注目ください」とコメントしている。
 「今井の大河出演への反響はなかなかで、ツイッターのトレンドに入り、Googleの検索ランキングは急上昇。今井の出演により視聴率がアップするかもしれない」(テレビ局関係者)

 ​>>ジャニーズの後輩たちの“道筋”をつくった今井翼 退所組の頼れる存在に?<<​​​

 今井は14年11月、めまいや吐き気を繰り返すメニエール病を発症。同12月に復帰し、快方に向かっていたが、18年3月に再発。治療に専念するため同9月にジャニーズ事務所を退所していた。

 昨年11月にインスタグラムを開設。今年2月に愛之助の主演舞台に出演して仕事復帰を果たし、今年4月1日付で愛之助と同じ芸能事務所「松竹エンタテインメント」に所属し、ファンクラブを設立。事務所移籍早々に大きな仕事が決まった。
 「ジャニーズ退所後、元SMAPの3人は地上波復帰までに時間がかかり、赤西仁や錦戸亮は地上波とは縁がなさそう。ほかの退所組と比べて、今井は昨年9月にジャニーズの副社長に就任した滝沢秀明氏の盟友。さらに、今井は病気の療養が理由でのジャニーズ退所だっただけに、特に関係各所に対してジャニーズからの“圧力”はなかったようだ。移籍先がしっかりした芸能プロだったことも影響しているはず」(芸能記者)

 民放のドラマへの復帰も早そうだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ