search
とじる
トップ > スポーツ > 選手が審判を投げ飛ばし足蹴に! 試合後に前代未聞の事態に発展した、50年前のプロ野球で起きた暴力沙汰

選手が審判を投げ飛ばし足蹴に! 試合後に前代未聞の事態に発展した、50年前のプロ野球で起きた暴力沙汰

pic pic

画像はイメージです

 新型コロナウイルスによる影響で、開幕延期が続いている今シーズンのプロ野球。SNSなどを用いて選手からファンへのメッセージを発信するという球団も多い中、NPBも5月8日に審判のジェスチャーやコールを解説付きで紹介する動画を公式サイトで公開し話題を集めている。

 普段注目を浴びることは少ないが、球界にはなくてはならない存在である審判。今から50年前の1970年、その審判に選手が暴行を振るい前代未聞の事態に発展した試合があった。

 1970年5月23日に後楽園球場で行われた東映対近鉄の一戦。1回裏、打席の東映・白仁天がボールカウント2-0と追い込まれた場面。近鉄・太田幸司が外角低めに投じた球を白はボールと思い見逃すも、球審の露崎元弥はこの球をストライクと判定し白は三振となった。

 この判定を受け、白は今の球はボールだと露崎に抗議。さらに、判定への怒りから露崎を首投げのような形で投げ飛ばし、地面に倒れた露崎をさらにスパイクで蹴るという暴行をはたらいた。当然、白はこの行為により退場処分となったが、暴行を受けた露崎は胸部を負傷してしまった。

 試合後、自らの行いを反省した白は露崎に謝罪するため自宅を訪れるも不在。一方、家を留守にしていた露崎はなんと警察に出向き白を刑事告訴するための手続きをしており、実際に試合から2日後の5月25日に白は暴行、傷害の罪で刑事告訴された。

 当時の報道によると、露崎は当初特にアクションを起こすつもりはなかったとのこと。しかし、試合後に白が「本当はバットで殴ろうと思った」、「俺が本気で殴ったら露崎はもう審判ができなくなる」、「あいつは生意気だ」などと暴言を吐いていたことを報道で知り告訴に踏み切ったという。

 ただ、露崎が告訴直後に白の謝罪を受け入れたため、5月28日に和解成立となり訴えは取り下げられている。審判が選手を訴えるのは球界史上初の出来事だったが、意外にも事態が鎮静化するのは早かった。

 たった1球の判定がここまでの事態に発展したのには、当時白が置かれていた状況もあるのではとされている。韓国出身の白は“20歳になる2年後に兵役(当時の期間は3年)に就く”という条件で1962年に東映に入団したが、その後の活躍もあり時期が延期されていた。しかし、同戦前の時点で韓国側から白に帰国命令が出されたという報道があったといい、その影響でナーバスになっていたのではと見る向きもある。

 なお、白は1970年12月に韓国へ一時帰国して入隊するも、翌1971年5月にチームに復帰。残る兵役期間は“韓国中央情報部(KCIA)所属の軍人としてプレーする”という方法で過ごしたが、当時は「他国の諜報機関の人間をプレーさせていいのか」という批判も少なくなかったという。

 審判の判定に納得がいかない選手や監督・コーチが、怒りのあまり手を出してしまい退場となるケースは現在でもまれにある。ただ、ここまでの事態に発展するケースはもう後にも先にもお目にかかれないだろう。

文 / 柴田雅人

関連記事

タグから探す


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ