search
とじる
トップ > 芸能ニュース > パンサー尾形、『ロンハー』ドッキリで“金の汚さ”が露呈 「マジで本性出でる」嫁ドッキリより衝撃?

パンサー尾形、『ロンハー』ドッキリで“金の汚さ”が露呈 「マジで本性出でる」嫁ドッキリより衝撃?

pic pic

パンサー・尾形貴弘

 5月12日の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で、パンサーの尾形貴弘に対するドッキリ企画が放送された。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、テレビのバラエティ番組は再放送や総集編の割合が増えているが、今回は貴重な「新ネタ」となった。

 番組では、これまで尾形に数々のドッキリが仕掛けられてきた。嫁に対する異常な嫉妬心を検証する企画は有名だ。

 今回はメンバーの菅良太郎から「4人目の加入」を提案され、尾形が受け入れるかを検証するもの。当然、「4人は多い」と尾形は反対するも、ネタ作りを担当する菅が「幅を広げたい」と強引に押し切る流れだ。

 新メンバーは、アフリカのセネガル人の父と日本人の母親を持ち、普段はモデルやDJをしている27歳のイケメンハーフ男性。さらに、プロJリーグチーム、横浜FCのユース部門でもプレーしたガチの経歴を持つ。この人物をサッカー経験者である尾形にぶつけ、「嫉妬心」を引き出すのがドッキリの趣旨だったが、事前の3人の話し合いでは、ひたすらギャラ配分の話になった。

 尾形は「俺らが作り上げた土台に入ってきて、金もらうのは違う」とギャラの取り分は現メンバーが3割ずつで、新人は1割にすべきと主張。強引ながら気持ちはわからなくもない。だが、あくまでも新メンバーを推したい菅が自身の取り分を2にし、新人を2にしたいと申し出、そこに向井慧も乗っかり自身も2でいいと話し、尾形の取り分が4割になると知るや、これまでの反対モードから一転。急に笑顔に。これには、ネット上で「尾形、これは悪い意味で正直すぎるだろ」「マジで本性出てる」といった声が聞かれた。

 男性が登場し、話し合いの末に加入が決定。ここで「ネタバラシ」はなされず、次回放送では4人でのネタ作りの様子なども放送される。ネット上では「これは神回になりそうな予感」「この時点でクロちゃん以上のクズ確定」といった声が聞かれた。メンバーの向井も「何だかんだで3人で続けたい気持ちがあるのかと思いきや、金に汚すぎでしょ」と引き気味であり、ツイッターでも「見て下さいとしか言えません」と告知していた。尾形の裏の顔の一端が明らかになる放送となったと言えそうだ。
記事内の引用について

パンサー向井のツイッターより https://twitter.com/panther_mukai

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ