search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 秋元康がバカリ、小峠、おぎはぎなど人気芸人を大幅リストラ! 残った意外な二組は

秋元康がバカリ、小峠、おぎはぎなど人気芸人を大幅リストラ! 残った意外な二組は

pic pic

秋元康氏

 コロナ禍による人員削減ではなく、枠移動によってこの春、テレビ東京が芸人リストラを断行していた。クビを切られたのは、現在のバラエティ界を支える中枢ばかりだから、穏やかでいられない。メイプル超合金、バイきんぐ・小峠英二、千鳥、おぎやはぎ、バカリズム、アンタッチャブル・柴田英嗣、東京03・飯塚悟志。スケジュールを押さえることにもひと苦労するテレビタレントばかりだ。いったい何が起こっていたのか。

​ 「学校バラエティ『青春高校3年C組』の刷新です。秋元康さんがテレ東の佐久間宣行プロデューサーと初タッグを組んで、18年4月にスタートさせた番組。およそ2年前、一般公募で集まった生徒たちで“理想のクラス”を作ることを掲げて、平日の夕方(17時半~)に毎日生放送で届けるというスケールの大きさでした。しかし、この4月から月曜深夜に引っ越して、大幅に規模を縮小。夕方帯から生き残ったのはバナナマン・日村勇紀、三四郎だけとなりました」(民放の番組制作スタッフ)

​ 夕方帯のころ、芸人は毎週月曜日から金曜日までの5班に分けられ、曜日ごとの担当教師というポジションだった。ただでさえタイトなスケジュールで動いている売れっ子芸人をあれだけ集められたのは、“秋元ブランド”ではない。佐久間Pの信頼だ。

​ 佐久間Pは、同局ド深夜枠の「ゴッドタン」を看板番組に仕立て上げ、芸人の負の要素を長所に変えてブレイクさせた功労者。19年4月からは、テレ東の局員でありながら、フジテレビ系・ニッポン放送の長寿ラジオ「オールナイトニッポン0(ZERO)」(ANN)の水曜パーナリティを担当。今最も数字を稼げるテレビマンだ。
​ そんな佐久間Pの鶴のひと声で、平日の夕方帯という、タレントとして最も難所帯に集まったのが、「ゴッドタン」と縁のある芸人たち。アドバルーンを盛大に打ち上げるために集まったが、早かれ遅かれ“青春離れ”をするのは公然の事実だった。

​ 芸人と生徒の比重が完全逆転して、新学期を迎えた“秋元学校”。今後期待されるのは、規制が緩い深夜帯に移動したことで、どこまで限界に挑めるか。第二のゴッドタンになれるか?
(伊藤由華)

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ