search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 騒動がうやむやなままでは終わらなかった東出昌大

騒動がうやむやなままでは終わらなかった東出昌大

pic pic

提供:週刊実話

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、続々と映画の公開延期が発表されているが、5月1日公開予定だった、長澤まさみ(32)らが出演する「コンフィデンスマンJP プリンセス編」の公開延期を3日、配給元の東宝が公式サイトで発表した。

 同作品といえば、女優の唐田エリカ(22)との不倫が原因で、妻で女優の杏(34)との別居が報じられている俳優の東出昌大(32)が主要キャストの1人で出演している。

「3月17日に謝罪会見を行い、熟女リポーターたちに囲まれ“サンドバッグ状態”になってしまった東出。もし、このまま公開されたら、ろくにイベントに登場することもなかく騒動がうやむやになりそう。そのため、『コロナで一番助かったのは東出では』と言われていた」(ワイドショー関係者)

 ところが、公開が延期に。おそらく、今後、公開に合わせてのプロモーションのスケジュールが組み直されると思うが、東出はしっかりと“みそぎ”をさせられることになりそうだというのだ。

「イベントに出てくる度に、帰り際に報道陣から離婚問題について聞かれ、長澤ら共演者から冷ややかな視線を浴びせられるでしょう。“身から出たさび”ではありますが、いかに、自分がしでかしたことがおろかなことだったのかを思い知らさせるでしょう」(芸能記者)

 東出のメンタルが崩壊してしまうかもしれない。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ