search
とじる
トップ > 芸能ニュース > ​TKO木下の謝罪動画に元ADから新たな告発? 低評価集まり「相当な嫌われ者」ぶりを露呈か

​TKO木下の謝罪動画に元ADから新たな告発? 低評価集まり「相当な嫌われ者」ぶりを露呈か

pic pic

TKO・木下隆行

 3月15日に所属していた松竹芸能を退所したお笑いコンビTKOの木下隆行が、ユーチューブチャンネル「木下プロダクション」を開設。一連の騒動について謝罪したものの、ネットからはバッシングが相次いでいる。

 パワハラや金銭トラブルなどが報じられていた木下。4月1日にアップした動画の中で、自身のパラハラについて、ファンや関係者、後輩に謝罪。「こうなってしまったのは、すべて、僕が調子乗ってたんやと思います」と明かした。また、今後は「僕はお笑い芸人で、お笑いが好きで、僕が面白いと思っていることを、形を発信できるのがユーチューブだと思いました」とユーチューバーとして活動していくと明かし、「相方の木本(武宏)くんと、いつか僕たちが大好きなコントという形で、皆さまに笑いを届けられるように頑張ります」と宣言していた。

 3日正午時点で再生回数は13万回を突破しているが、高評価数400程度に対し、低評価数は2万以上と異例な数字となっている。そんな中、コメント欄からはある報告が聞かれているという。
 「コメント欄には、当然のように多くのバッシングが描き込まれているほか、テレビ局ADを名乗るユーザーから『コテンパにやられた』といった声があったり、昔イベントに行った時、握手を求めたところ罵倒されて拒否されたが、その後女子高生とは握手していたといった書き込みや、バイトしていた飲食店に木下が来店し、横暴な態度を取っていたなどのコメントが多数寄せられています。中には、明らかに嘘と分かるものもあり、すべてが本当にあったこととは思えませんが、『ここまで嫌われてるんだ…』『こんなに書かれるって相当な嫌われ者』という声が上がっています」(芸能ライター)

 雨上がり決死隊の宮迫博之がユーチューバーデビューし、謝罪動画をアップした際も、バッシングは集めたものの、少なからず擁護の声やエールも見受けられた。しかし、今回はほぼポジティブな意見は見受けられず。ユーチューバーとしての道のりは宮迫のそれよりも厳しくなるかもしれない――。

記事内の引用について
木下隆行公式ユーチューブチャンネルより
https://www.youtube.com/channel/UCzUesm6zQnC3Omt_SGC-M1A

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ