search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 美女ざんまい「実話劇場」 桐山瑠衣インタビュー

美女ざんまい「実話劇場」 桐山瑠衣インタビュー

pic pic

提供:週刊実話

 爆乳グラドル界でひと際、大きいJカップを誇る桐山瑠衣。29歳になったばかりの瑠衣は、これまで39本のDVDに出演を果たした。そんな彼女の“おっぱい事情”に迫った!

――16歳のデビューから早や13年。幼い顔立ちは今も変わらないのに、もう29歳になっていたなんて…信じられない。
瑠衣 それなりにオトナになった部分だってあるんですよ。胸は、今でも成長中です。

――まさか!?
瑠衣 デビューした時がHカップで、今はJ!! これから先も大きくなるように頑張ってます

――成長が止まってない?
瑠衣 というより、自分なりの工夫で成長させてます。今年中にKカップまで行くのが目標なんです。

――何をすれば、そんなに大きくなるんでしょう。
瑠衣 そこは企業秘密なんですけど、「自力でも大きくできる」というのは声を大にして言いたいですね。

――秘密だなんて言わないで、バストに悩む人に何かヒントをもらえませんか?
瑠衣 そうですねぇ。しいていうなら、食と睡眠とお手入れに尽きますね。実は胸って、体に行き渡る栄養の中で最後に回ってくる場所なんです。ということは、ちゃんと栄養が行き渡るような生活をすることが第一ですね。

――男はよく、「揉めば大きくなる」と思ってるけど、あれは間違い?
瑠衣 うーん、あり得ない話ではないです。栄養を運ぶには女性ホルモンの働きが必要なので、そこは大事だと思います。揉むというよりは、マッサージが大切ですね。

――触った感触は何に似てると言われますか?
瑠衣 パンパンに入ったビーズクッションの触感ですかね。ブランケット生地のパジャマを着て自分の胸を触ると、心地いい感触だな、と自分でも思います。「あぁ、癒やされるな」って。

――自分のおっぱいが癒やしグッズか。それだけ大きいと、巨乳好き男子もかなり寄ってくるのでは?
瑠衣 意外に思われるんですけど、ナンパとかはあまりされないんですよ。それに私、口説かれるよりは口説きたい性分なので。

――おっ、肉食発言!
瑠衣 口説く時は行動で口説くのがいいですね。

――無意識を装っておっぱいを押しつけるとか?
瑠衣 そんなことはしません(笑)。当たると逆に迷惑だと思うので、電車に乗る時などは胸元を手で隠しますね。ガードしておかないと、触れてしまったら失礼かと思っているので。

――それは誤解だな〜。男はみんな、そういうハプニングはウエルカムなのに。
瑠衣 へぇ、そうなんですか?

――さきほどの「口説き方」というのが気になる。教えてください。
瑠衣 心理学が大好きなので、本を読んで研究しました。心理学を駆使すれば、自分がホレた人は絶対にホレさせる自信はあります。実は人って、すごく単純なので。

――具体的にはどうする?
瑠衣 そうですね。すぐに実践できるものだと、たとえば男の人って上着の袖を気にせずにモノを取りがちですよね。料理が付いて汚しちゃう人、多いでしょ? そういう人の袖にスッと手を添えます。この時、手は自分の体の前をクロスさせるのがポイント。これをやると相手にグッと近づくじゃないですか。

――なるほど!
瑠衣 これは、ほんの一部ですが、こういう積み重ねを仕掛けていきます(笑)。

――百発百中?
瑠衣 はい。私は、落とす自信があります♪

★人生初の「手ブラ」を体験

――最新のDVDは39本目、写真集は2冊目。一番の売りはなんですか?
瑠衣 今回の設定は新婚旅行なので、DVDでは最初からイチャイチャしております。独り芝居なのですが、映像の中では旦那さんの頭や体を洗ってあげたり、一緒に海へ行って浜辺を走ったり、日焼け止めを塗るのを手伝ってもらったり。衣装がけっこう小さめで、写真集では人生初の手ブラやTバックも経験しました。DVDでは、ずっと我慢していた着たい衣装や露出を思いつく限り、すべて取り入れました。

――激しい動きもある?
瑠衣 もちろん、あります! 胸が揺れすぎてクーパー靱帯が切れるのではないかと心配になりました。

――その専門用語は?
瑠衣 胸を押さえてくれる、ワイヤーみたいなものです。私の胸は両方で6キロあるので、鉄アレイを首からぶら下げてるような状態です。

――それはしんどそうだ。
瑠衣 肩こりが辛すぎて、ブラジャーのストラップにヒモを付けて、ドローンで吊ってほしいくらいです。
 桐山瑠衣が芸能活動をするきっかけはスカウトだった。当時、海の家でアルバイトをしていた彼女は、夏休み後のバイトをどうしようか考えている時に、街でスカウトマン達から名刺をもらった。その後、名刺の束を思い出し、無作為に引き抜いた1枚が最初に所属した事務所だった。
瑠衣 偶然の1枚だったけれど、その方のことはよく覚えていたんです。上野で歩いていたら、単刀直入に「グラビアアイドルのスカウトです。巨乳の子を探してるんだよね」と、声をかけられました。16歳の私には、とても分かりやすいスカウトでした(笑)。デビュー作のDVDを撮ってくださる出版社に面接に行った時は、担当の方が「こんなにいい子がまだいたんだ!」と言ってくださったんですよ。そりゃあ、舞い上がっちゃいますよね。

――それから13年、いまやすっかりオトナになって酒豪キャラまでついた。ブログでは酒の話題が多くて、ファンからの差し入れも8割がアルコールで2割がつまみなんだとか…。
瑠衣 実は、そこまで酒浸りじゃないんですよ。飲むのは週に1回くらいです。

――なのに、どうして酒豪キャラに?
瑠衣 関係者の中では、強いらしいです。友達と普通に飲んでいても、私が酔う前に、だいたいみんな酔いつぶれちゃう。

――酔わせて口説くのは無理…というわけだ。
瑠衣 まだ人生で一度もないので、逆に、そういうことをされてみたいですよね♪ 目が覚めたら「ここはどこ?」というのに憧れちゃいます。

◆きりやまるい 1991年1月15日生まれ。T157、B104・W61・H94。最新DVD『るいいろ』と写真集『Lapis Dress』(ともに双葉社)が発売中。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ