search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 視聴率ナンバーワン女優・米倉涼子と“奇跡のアラフィフ”石田ゆり子が共演NGなワケとは<共演NG?【犬猿の仲】の有名人>

視聴率ナンバーワン女優・米倉涼子と“奇跡のアラフィフ”石田ゆり子が共演NGなワケとは<共演NG?【犬猿の仲】の有名人>

pic pic

米倉涼子

 3月24日、大手芸能プロダクション「オスカープロモーション」の公式サイトで、女優・米倉涼子の退社が公表され、芸能界に激震が走った。後日、同社公式サイトで米倉は、「右も左もわからない新人の頃から私を育てていただき、お仕事の機会を与えて下さり、ご指導を頂いたことに深く感謝いたしております」とコメントし、27年にわたって所属した同社を去ることにした。

 米倉は今後、個人事務所を設立し、マイペースでやっていくという。このところ、芸能界では独立する女優が目立つが、米倉クラスの女優になると、独立後も仕事は順調であろう。だが、米倉には、かねてから“共演NG”とささやかれる大物女優が存在する。
 米倉というと、高校生の時に「全日本国民的美少女コンテスト」の審査員特別賞を受賞。その後は、モデルとしてデビューし、ファッション雑誌『CanCam』(小学館)などの専属モデルを務めた。

 女優に転身してからは、作家・松本清張氏の3部作である『黒革の手帖』、『松本清張 けものみち』、『松本清張 わるいやつら』の劇中で演じた悪女役がハマり、06年秋の舞台『黒革の手帖』で念願の舞台を公演した。また、2008年には米国の舞台『CHICAGO』の日本版でミュージカルに初挑戦。12年7月には同作の主演でブロードウェイのデビューを果たし、アジア出身の俳優としても史上初の偉業を成し遂げた。さらに、同年10月スタートの主演ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系)シリーズは高視聴率を記録するなど人気シリーズへと導いた。

 女優としての地位を確立した米倉だが、業界では暗黙の了解で女優・石田ゆり子との共演を避けているというのだ。確執の噂すらない両者だが、過去をさかのぼると元カレを巡って因縁があったようだ。
 交際時期がダブっていたわけではないが、米倉と石田の元カレは元・男闘呼組の岡本健一であるといわれている。
 「20年以上も昔ですが、石田と岡本は1997年放送のドラマ『不機嫌な果実』(TBS系)で共演をしています。劇中、石田と岡本はW不倫の設定でしたが、私生活にも発展し、交際していたといわれています。当時、岡本は妻子ある身であったことから“不倫”とささやかれていましたが、いずれ破局を迎えたようです。一方の米倉は、11年の舞台『風と共に去りぬ』に主演した際、過去にドラマで共演した岡本が米倉の自宅マンションを訪れていたことが一部女性誌で報じられ、熱愛が明るみになったのです」(芸能ライター)

 実は、米倉と岡本の交際は2010年ごろから噂になっていたという。岡本は07年に前妻との離婚が成立し、独身であったが、結局、米倉とも1年ほどで破局したようだ。
 「米倉は石田の“後釜”というわけではありませんが、周囲が気を使っているようです。実際のところ両者が共演をNGとしているわけではないですが、過去の“恋敵”だったことから、関係者が忖度し、いまだに“共演NG”のリストから外れていない可能性があるようです。両者ともに主演クラスの女優ですから、共演する機会もないですが、あえて両者をブッキングさせることはないでしょう」(芸能関係者)

 その後、米倉は2014年12月に2歳年下の一般人男性と結婚したが、16年12月に離婚が成立。昨年夏ごろから恋人と報じられているアルゼンチン人ダンサーとの再婚報道も飛び出したものの、詳細は不明のまま。一方の石田は、特に浮いた話もないまま、いまだ独身を貫いている。

 石田も妹で女優の石田ひかりと2人で事務所を立ち上げている。しがらみがなくなった“美熟女女優”同士の共演に期待したいものだ。

関連記事

タグから探す


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ